さかなクンが小林香織とサックスが縁でデート!結婚も期待されるも交際は否定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

さかなクンがサックス奏者の小林香織
デートをしていることが
FLASHによって報じられました。

実はさかなクン、2016年にCMで
サックスを演奏したりと音楽にも精通しています。

今回はそんなさかなクンとデート報道のあった
小林香織についてと
さかなクンとサックスについて見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■小林香織について

名前:小林香織(こばやし かおり)
生年月日:1981年10月20日
出身:神奈川県

小林香織はピアノ教師の母と
カメラマンの父親に生まれ、
幼い頃からピアノで遊んでいました。

1994年に中学校の吹奏楽部でフルートを始め、
1998年の時にサックスを始め
原ひとみにクラシックサックスを教わり、
1999年にボブサングにジャズ・サックスを教わります。

2000年には洗足学園音楽大学ジャズ科に入学をし
2004年に卒業し、2005年にアルバム「solar」でデビュー。

2010年には下記の動画が
爆発的に再生をされ、世界的に有名になります。

そして2012年1月20日にはタイのサックスソサエティから
小林香織は「アジアで最も美しいサックス・プレイヤー」
を受賞するほどに。

■小林香織とさかなクンのデート報道

小林香織とさかなクンのデート報道があったのは
2017年7月、FLASHにて。

FLASHによると2017年7月の上旬に
小林香織とさかなクンが、東京都内のうどん店で
デートをしていて、22時に
プレゼントを交換し合って解散した姿が目撃されています。

ちなみにさかなクンから
小林香織へのプレゼントは
魚肉ソーセージとの事。

二人の出会いは2014年、小林香織の選定品を
さかなクンが購入したのが
きっかけであったようです。

参考:Smart FLASH
 

【スポンサーリンク】

 

■さかなクンのサックス歴

さかなクンは実は中学1年生の時に
水槽と吹奏を勘違いして吹奏楽部に入学。

しかしそれから管楽器が好きになり、
高校のときも吹奏楽部に入部し、
現在は20本以上も管楽器を所有して使い分けるほど。

今は製造されていない、
ルブラン社製のコントラバス・クラリネットを手に入れるため
ルブラン社のあったフランスのパリまで
お金をためて一人旅して探しに行くという行動力。

ちなみに結局大阪の人が
持っていることがわかり譲ってもらえたよう。

■おわりに

実はさかなクン、2016年夏には
小林香織のカヴァー・アルバム「MELODY」で
バスサックスで参加して小林香織と

掛け合いをしてソロも披露しています。
その時に小林香織の音色を以下のように表現。

「美しくて、艶やかで、心があらわれて、ウキウキします」

そんなさかなクンと小林香織の熱愛報道ですが
残念ながら(?)双方の事務所は
単なる音楽仲間だと回答をしています。
さかなクンの結婚報告はまだまだ先になるのかも…?
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA