咲妃みゆ、宝塚退団後は事務所をユニバーサルミュージックにし本格始動!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

宝塚歌劇団雪組のトップ娘役として活躍をし、
2017年7月に退団をした咲妃みゆ

宝塚退団後の2017年9月には元タカラジェンヌとして初めて
レコード会社であるユニバーサルミュージックに
所属をすることがわかりました。

今回はそんな咲妃みゆの
宝塚退団後の仕事などについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■咲妃みゆについて

名前:咲妃みゆ(さきひ みゆ)
生年月日:1991年3月16日
出身:宮崎県

咲妃みゆは子供の頃から身体を動かすことが好きで
小学5年生のことにはバレエ教室に通います。
宝塚ファンのいとこから宝塚という世界を知り、
父親から受験を薦められて一発合格し、

2008年に宝塚音学校に入学。
2010年に宝塚歌劇団に96期生として入団し
月組公演で初舞台。
2012年には「ロミオとジュリエット」で新人公演初ヒロイン。

2014年1月に月組から雪組となり、
9月には雪組トップ娘役で早霧せいなの相手役に。
2017年7月をもって宝塚歌劇団を退団しています。
 

【スポンサーリンク】

 

■咲妃みゆの退団後の事務所

咲妃みゆは宝塚歌劇団を退団した後
2017年9月6日には音楽事務所
「ユニバーサルミュージック」に
元タカラジェンヌとしては初めて所属。

歌唱力を買われて音楽事務所に所属をしましたが
女優業へも強い希望があるようです。

また、咲妃みゆはすでに
2017年10月25日発売のオムニバスCDアルバム
「タンゴのすべて」のレコーディングに参加をしています。

こちらが咲妃みゆのコメント動画。

こちらは咲妃みゆが歌う
「灰色の午後 En Esta Tarde Gris」の動画となります。

そして上記のCDにちなんだ
2017年10月24-25日の東京のコンサートが
咲妃みゆの宝塚歌劇団退団後の初ステージとなるようです。

■おわりに

咲妃みゆは宝塚歌劇団を退団してから
おもったよりも早く音楽事務所が決定し
表舞台に再び出るように。
女優業へはいつ頃進出するのかが気になる所。

あとはインスタやツイッターなど
SNSについても事務所に正式に所属をしたら
始める可能性はあるためそれも楽しみ。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA