三瓶が帰国。トルコに料理人として移住も…。理由は心が折れたため

長友佑都の料理人見習いとして
トルコに移住をしていた三瓶が帰国。
しかし三瓶はトルコに移住して2ヶ月。
既に現在は帰国をしていたと明らかに。

三瓶が長友佑都の料理人見習いとして
トルコに移住をするも帰国した理由は
「心が折れた」ためであるとの事。

今回は三瓶がトルコに
料理人見習いとして移住をした経緯と
帰国した理由についてみてみましょう。


 

 

■三瓶は調理師専門学校卒業

三瓶はもともと芸人になる前は
服部栄養専門学校に入学。
卒業後はパン屋にアルバイトとして勤務。

料理人として就職先も勧められたものの
「就職したくない」という理由で
それをドタキャンしたという。
そしてその後やりたいことを探し
よしもとの劇場のオーディションへ。

しかし三瓶の最初のきっかけは
社会に出ることへの逃避であり
他のオーディション参加メンバーは
NSCを卒業した人物などで
自分もちゃんとやらなきゃダメだと痛感。

そして養成所の存在を知り、
その次の年の募集に行き芸人の道へ。

■三瓶と長友佑都・平愛梨

そもそも平愛梨と長友佑都が
結婚をしたのは三瓶がキューピッド。

平愛梨は三瓶と「もしもツアーズ」で
共演をしてからの友人関係。
そして三瓶が長友佑都の大ファン。
そのため三瓶、長友佑都、平愛梨の3人で
食事をとるようになったのが結婚のきっかけ。
 

 

■三瓶、トルコ移住

そして三瓶は2019年3月には
2002年の番組以来レギュラー出演していた
「もしもツアーズ」にて
料理人を目指すため番組卒業を発表。

実は長友佑都の専属料理人・加藤超也が
自分がトルコにいない時のために
新たに料理人を探しており
それに気づいた三瓶が平愛梨に確認。

三瓶は最初は気が引けていたものの
長友佑都からも「お願いします」と
言われて料理人見習いになりトルコへ移住。

■帰国する三瓶

しかし料理人として
トルコ移住をした三瓶ですが
実はトルコ移住をしてから2ヶ月で
帰国をしていたことが
2019年8月17日放送の
「ENGEI グランドスラムLIVE」にて明らかに。

三瓶は「絶望」と題した
一人二役の以下のようなネタを披露。

「トルコの水が合わなかった」
「心が折れたときは泣いたほうがいいんだよ」
「だから泣きなよ三瓶くん」

ちなみにスベってたという悲しみの追撃。
また、三瓶はパネルにて
「心が折れ2ヶ月で帰国」と暴露され
お笑いコンビ、麒麟川島が
「ホームシックになり帰国された」
という情報を報告していました。
 

 

■おわりに

三瓶の料理人としての
トルコ移住からの帰国は2ヶ月。
今後三瓶は料理人として生きるのか、
芸人として生きるのか…。

しかし今回のトルコ移住からの帰国は
正直な所比較対象の
専属料理人である加藤超也が
すごすぎたという気も…。

そもそも専属料理人の加藤超也は
栄養学を勉強し自分から
長友佑都をサポートしたいと売り込み。

そして実際に加藤超也は
長友佑都のために
リカバリー、抗酸化作用、持久力を
フォーカスとした食事を作ることで
筋肉系の怪我がなくなったとしています。

さすがにそんな実績のある
料理人を目の前にしたら
三瓶の心が折れて帰国するのも
致し方ないのかもしれません。

通常は最初から前任者と同じく
何でも出来るわけではないので
長い目で成長を期待するべきでしょうけど
アスリートはいまが大事ですしね…。



コメント

タイトルとURLをコピーしました