関取花は本名。ひがみソングの女王で「べつに」は実体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ひがみソングの女王と
言われている関取花

関取花は本名であり、
ひがみソングの女王として
認知をされた曲「べつに」は
実体験であるとのこと。

今回はそんなひがみソングの女王、
関取花についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■関取花について

View this post on Instagram

大歓喜→5秒後

A post shared by 関取 花 (@dosukoi87) on

名前:関取花(せきとり はな)
生年月日:1990年12月18日
出身:神奈川県横浜市

関取花は本名。
ツイッターアカウントも
「dosukoi87」と
相撲の関取を明らかに意識。
ちなみにミニアルバムの発売元も
「DOSUKOI RECORD」です。

関取花は幼少期をドイツで過ごし
日常的に音楽を聞いていたという。
ただし音楽を始めたのは高校に進んで
軽音楽部に入った時。

関取花はもともと中学は
3年間バスケをしていましたが
身長が149cmで止まってしまい、

高校で何か別のことを
しようと思った時に
バスケの引退試合のお疲れ会で

カラオケをし、
そこで関取花の歌を
みんなが褒めてくれたため
音楽の道へ。

ちなみに家族には
ずっと音痴だと言われていて
それが悔しくてひたすら練習を
していたとも語っています。

コンテストに参加を
したのは高校2年生の時。
準グランプリを受賞し、
翌年には見事グランプリを受賞。
 

【スポンサーリンク】

 

■爆笑問題が話題に

関取花が知られ始めた
きっかけの一つとしては
爆笑問題のラジオで
関取花の曲が流れた事、
番組のリスナーであることを
紹介されたことがあげられます。

特に田中裕二は
2017年のベストに
関取花の「もしも僕に」を
挙げています。

関取花と爆笑問題はこの件で
共演を幾度かしています。

上記ツイートのように
関取花は爆笑問題の
単独ライブにも
行ったりしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■ひがみソングの女王として認知

関取花がひがみソングの女王と
言われたのはとある制作の人から
そのようなキャッチフレーズを
つけてもらったため。

とはいえ本人としては
最初はひがみっぽい歌詞ではあるものの
最後には前向きな歌詞が多いため
全部そうとられてしまうのかと
心配をしていた時期もあったとのこと。

ちなみにひがみソングとして
良くあげられるのが「べつに」

この「べつに」については
関取花が長く交際していた
恋人と破局をしてから
カップルを見るたびにひがむような
実体験であり、なんだよ!と思い
二日酔いで作った曲であるとのこと。

■ひがみエピソード

関取花はひがみソングの女王として
取り上げられたために
この流れに乗るために
以下のように相反する感情が
うずまいていたという。

「ひがみソングを書かなきゃ」
「どんな曲でもひがみソングと
言われてしまうのでは」

「自由にかけた曲は
インパクトが弱いのでは」
「普通に良い曲はダメなんじゃ」

そのようにある意味で
迷走していた時期もあったせいか
バラエティ番組に出演時には
以下のようなひがみ(?)エピソードを
語っています。

■キラキラ女子は3パターン。
中目黒・吉祥寺・六本木。

中目黒は茶髪肌見せ。
ターゲットの男性はクリエーター。

吉祥寺は肌を見せず
散歩をして出会いを求める。

六本木はパーティーピーポー。
シャネルの名ッグが必須、
社長や株をする人がターゲット。

■マイナーでいる方が
かっこ良いと思っている人に怒り。

■飲み会で
「私闇抱えてます」と
雰囲気を出す女と
それに優しい男に怒り。

■打ち上げにいる
誰だかわからない人に怒り。

■酒の席であつがって
鎖骨を見せるなど
性別を出す女に怒り。

■おわりに

関取花はひがみソングの女王と
呼ばれておりその呼ばれ方には
少々複雑な感情もあるよう。

このように言われてしまうと
恋人が出来てもなかなか
公表しづらそうではあります。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください