柴田賢志は病気で右半身麻痺に…。ゴーゴーファイブ卒業し詩を創作も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

元俳優でゴーゴーファイブの
四男として活躍をしていた柴田賢志
現在は病気で右半身麻痺を
していたことが明らかに。

今回はそんな柴田賢志が現在
病気を患っていることについて
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■柴田賢志について

名前:柴田賢志(しばた けんじ)
生年月日:1975年10月4日
出身:福岡県

柴田賢志は1999年に
「救急戦隊ゴーゴーファイブ」に
四男の大門・ゴーイエローとして出演。

柴田賢志はゴーゴーファイブの
撮影終了の際に右目に違和感を感じ
病院で検査をすると脳腫瘍が発覚。
脳腫瘍の手術は成功したものの
後遺症で右半身が麻痺。

また、脳腫瘍の治療で
服用をしたステロイドの影響で
大腿骨骨頭壊死症という
病気になったことも明かしています。

治療のために2004年に芸能活動を休止し
2007年に芸能界を引退。

また、2005年からはブログで
毎日詩を創作して
講演なども行っています。

ただし柴田賢志は2017年12月11日にて
ブログの更新を一時的に停止。

毎日詩を書くことが柴田賢志にとって
少なからず負担になっていたようで
今はやらなければいけないことに
集中をするとのこと。
 

【スポンサーリンク】

 

■柴田賢志の病気から現在

柴田賢志は大腿骨骨頭壊死症という
病気になったことについても
詩で語っています。

2013年7月には病気の手術が
決まったことを
ブログで明かしました。

そして2014年1月31日には
手術から二ヶ月経ったこと、
病気と友だちになってみせると発言。

2014年9月には病気の手術で
ボルトの入った足を動かし、
杖をついて歩いて焼肉屋まで
行ったことを明かしています。

また、柴田賢志は2016年2月には
3年間勤務をしたまちふくを卒業。
2016年2月1日に二ツ橋あいりん幼稚園に
月水金3日間の勤務することが
幼稚園のホームページにて
明かされています。

そして病気の影響で電話対応の際に
少々反応が遅れることもあるものの
しっかりと受け答えできることも
記述されています。

出勤日には
1つ詩を作ってもらうことも
幼稚園のホームページにて
明かされています。
 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

柴田賢志はブログでの詩は
やめていまますが
幼稚園では2018年6月に入っても
詩を創作しているのが見受けられます。

柴田賢志が2017年12月に
ブログの更新を停止したのは
幼稚園でも詩を作ることになったため
そこまで手が回らなくなった
ということなのかもしれません。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください