白川由美は結婚を若い頃にしていた!?娘の二谷友里恵を箱入り娘に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

俳優の二谷英明の嫁である白川由美さん。
二谷英明と若い頃に結婚しています。

今回はその結婚がどのような経緯であったか
また、娘の二谷友里恵にはその反省としてか
箱入り娘として育てましたが
どのような人物なのかを見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■白川由美の結婚の経緯

白川由美は本名は山崎 安基子。
後に結婚をする相手はアナウンサーの二谷英明

二谷英明はラジオ佐世保へと1954年に入社して
三年間のラジオ佐世保時代に一般女性と結婚して
娘をもうけていました。

しかしそこで1964年、当時20代という若い頃の
白川由美(当時は山崎 安基子)に出会い、結婚をしました。
結婚した年に長女の二谷友里恵を出産したことから
でき婚であったという話もあります。

しかしこれは話が大昔のことですので
真偽はちょっと微妙ですね。
関係者に話をきこうにも、二谷英明の前妻は
一般人で名前が全くわかりませんし。
 

【スポンサーリンク】

 

■結婚の経緯の反動なのか、娘の二谷友里恵は箱入り娘に

そうして白川由美は上記のような結婚の経緯だった反動からか
娘の二谷友里恵を英才教育し、箱入り娘として育てました。
学歴がこのようになっています。

松濤幼稚園
慶應義塾幼稚舎
慶應義塾中等部
慶應義塾女子高等学校
慶應義塾大学文学部英米文学科卒業

完璧に英才教育コースですね!

そして自身もCMで芸能界にデビュー。
松田聖子と破局した後の郷ひろみと結婚します。

そして長女と次女を出産し
2人共慶應義塾幼稚舎に入学しています。

しかし郷ひろみとは離婚してしまい、
郷ひろみの親友でもあったという
家庭教師のトライ創業者の平田修と再婚。

そして二谷友里恵自身がファッションブランドを立ち上げ
社長にまでなるという、単なる箱入り娘では終わらない才覚を発揮。

このままの流れで行くと二谷友里恵の娘2人も
どのような才覚を発揮するか期待してしまいますね!

■おわりに

白川由美は若い頃にまるで奪うかのような結婚をした、
という暴露がされてはいますが

正直二谷英明がきちんと前妻と別れた後に
白川由美と再婚していたのなら
奪った形というのもちょっと違う気がするんですよね。

そこの時系列が大昔の事すぎるので
もう詳しい記事がないのでちょっとモヤッとします。

白川由美と二谷英明はおしどり夫婦で有名で
娘の二谷友里恵もきちんと育てていますから
奪った形というのはちょっと過激な表現のような気も。

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. あざみ野 より:

    結果良ければ全て良し、ということなんでしょうか?

コメントを残す

*

CAPTCHA