首藤義勝(KEYTALK)特技は利き鉛筆。匂いで判別

KEYTALKで作詞作曲、ボーカルやベースを
担当している首藤義勝
特技は利き鉛筆といって
鉛筆の匂いで判別するという
少し変わった特技。

今回はそんな首藤義勝についてと
特技の利き鉛筆について
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■首藤義勝について

名前:首藤義勝(しゅとう よしかつ)
生年月日:1989年2月19日
出身:埼玉県狭山市

首藤義勝は2013年に
メジャーデビューしたバンド
「KEYTALK」のベースとリードボーカル。
メンバーは以下の通り。

八木優樹:ドラム
小野武正:ギター
首藤義勝:ベース・リードボーカル
寺中友将:メインボーカル・ギター

首藤義勝が楽器を始めたのは
中学の時、「ハモネプ」が
流行っていたのがきっかけ。
そしてコピーバンドを結成。

KEYTALK結成の流れは
大まかには以下の通り。

同じ高校だった小野武正と
八木優樹がバンドを組む。
二人が2年の時にライブハウスに出演し
首藤義勝と出会う。

ベースとボーカルが抜けたために
首藤義勝が加入。

小野武正が大学に入学した時に
ボーカル・ギターの寺中友将と出会い
現在のKEYTALKメンバーが集まる。

KEYTALKの2019年5月現在の
最新曲のMVはこちら。


 

【スポンサーリンク】

 

■首藤義勝の過去のブームなど

首藤義勝は2017年のインタビューで
以下のようなブーム、
マイルールを語っています。

■二郎インスパイア系のラーメンが好き。
ツアーの際もラーメンマップで
探して行っている。

■自分の枕じゃないと寝られない。
遠征のときもMy枕持参。
無印良品の枕。

■首藤義勝の特技は利き鉛筆

首藤義勝は実は一時期
物凄い長い表記だったことが。
その表記は公式サイトでも同じであり
以下のような表記でした。

「首藤義勝
a.k.a. おしゃれ番長
改め 文学少年
改め 宇宙人
改め ジョニー義勝
またの名を えんぴつ
改め さやまん」

ちなみに他のメンバーも
物凄く長い時期がありました。

このなかでも「えんぴつ」という
文字が入っているように
首藤義勝 の特技は
「効き鉛筆」であったりします。
 

【スポンサーリンク】

 

■ツアーや番組でも披露

そんな首藤義勝らですが特技の
効き鉛筆を実は2016年の
全国ワンマンツアーでも披露。

このツアーの名前は
「3年K組お祭り先生
~先生!義勝君の給食費がありません!~」
といった謎のツアータイトル。

このタイトルの伏線回収(?)で
首藤義勝は「給食費を免除」するために
効き鉛筆チャレンジ。

ちなみにこれは首藤義勝にとって
サプライズチャレンジでした。

そして首藤義勝は
目隠し状態で鉛筆の芯をなめ、
HやBなどの硬さを当てることに。
その結果見事成功していました。
(危険なので真似はしないでください)

また、2018年2月24日に
AbemaTVのBPMにKEYTALKは出演。

このときにも首藤義勝は
特技の効き鉛筆に挑戦。
3本の効き鉛筆にチャレンジしましたが
残念ながらBを2Bと誤認してしまい失敗。

■おわりに

首藤義勝の特技の効き鉛筆は
百発百中というわけでは
ないようですけれども当たるのが凄い。

そもそも何故利き鉛筆という
特技を習得するに至ったかの経緯が
気になるところですけれども。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください