副島和樹の事務所はJME。遊戯王で異文化交流もあり番組にも…

2016年に第29回
ジュノン・スーパーボーイ
コンテストにて審査員特別賞を
受賞した副島和樹

海外ぐらしが長く、
アニメやマンガ、コスプレ好き。

実は様々な言語を挨拶程度なら
話すことが出来、
遊戯王で異文化交流をしたことも。

今回はそんなイケメンであるものの
オタクな側面を持つ
副島和樹のプロフィールなどについて
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■副島和樹のプロフィール

名前:副島和樹(そえじま かずき)
生年月日:1993年11月23日
出身:三重県
事務所:ジャパン・ミュージック
エンターテインメント

副島和樹は別名ソエジマジカル。
コスプレイヤーとしても活動し

2014年にはミスター九州大学の
グランプリを受賞しています。

2015年には全国ミスター
キャンパスコンテストの
審査員特別賞、

2016年には前述のように
第29回ジュノン・スーパーボーイ
コンテストにて審査員特別賞を受賞。

副島和樹はその後は
事務所をジャパン
ミュージックエンターテインメントにし
芸能活動を開始しています。

wikiでは副島和樹の事務所は
株式会社イーコンセプトと
なっていますが
副島和樹本人のツイッター、

及びジャパン・ミュージック
エンターテインメントのHPに
副島和樹が掲載されているのを
確認したためこちらが正しいかと。

ただしイーコンセプトは
ジャパン・ミュージック
エンターテインメントの
子会社であるため無関係ではなさそう。
 

【スポンサーリンク】

 

■副島和樹の生い立ち

副島和樹は三重出身。
しかし愛知に引っ越して、
小学校の途中でインドに移住。

中学校はマレーシア、
高校時代はチェコと
海外生活がとても長い。

そのため日本語や英語を話すことができ、
挨拶程度ならヒンディー語、
マレー語、チェコ語も可能。

そんな副島和樹はインドにいた
小学生の頃にマンガや
アニメを好きに。

その理由は、インドでは宗教と生活が
密着しているため、
お手伝いさんにインドの
宗教や神様の話を聞いて
頭の中がファンタジーに
染められたため。

■遊戯王でコミュニケーション

そして副島和樹は
高校はチェコで過ごしましたが
チェコでは英語は伝わらず
途方にくれてしまいます。

しかしチェコで言葉が通じなくとも
遊戯王のカードゲームで
共にデュエルをしたことから
言語よりもマンガやアニメの方が
世界共通言語だと思うように。
 

【スポンサーリンク】

 

■念願の遊戯王の仕事も

実際にコミケにも
普通に行くほどの副島和樹。

そして思い入れがとても強い
遊戯王の仕事も
2017年10月から入っています。

こちらは無事に終了。
終了報告ツイートでも
「粉砕玉砕大喝采」と
遊戯王ネタをきちんと
はさむ副島和樹。

■おわりに

副島和樹は就活青春映画
「40万分の1」の主演も
決定しています。

副島和樹のキャラはとても濃い。
映画の主演もしていますし
これからどんどん活躍しそう。

ちなみに副島和樹は海外生活が
長かったために
「空気を読む」のが苦手で
日本では苦労したことも
明かしています。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください