菅原初代さんは現在パン屋でシングルマザーで障害をもつ息子を育てながら奮闘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大食いの魔女菅原として知られる菅原初代さん
現在は大食い番組からは一休みし、
シングルマザーとして障害を持つ息子を育てながら
パン屋を営んでいます。

今回は菅原初代さんのパン屋についてと
障害を持つ息子との生活についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■菅原初代さんについて

名前:菅原初代(すがわら はつよ)
生年月日:1963年11月14日
出身:岩手県

菅原初代さんは大食い番組に出演し
魔女初代として知られています。

2007年には全日本わんこそば選手権に
初出場初優勝し、2009年まで三連覇。
テレビ東京の「元祖大食い王決定戦」では
圧倒的な強さを見せつけていました。

■菅原初代さんのパン屋

菅原初代さんは2016年12月5日に
岩手県盛岡市にパン屋「カンパーニュ」を開店しています。
自家製天然酵母を使ったパンを販売しており、
場所は地図ですとこちら。

営業時間:9:00~17:00
定休日:日曜日、月曜日

菅原初代さんのパン屋はインスタもしており
パンの写真がずらりと並んでいます。


 

【スポンサーリンク】

 

■菅原初代さんはシングルマザーで息子を育てていた

菅原初代さんが家を出たのは2007年1月31日。
その後離婚をしてシングルマザーとなっています。

離婚の原因はどうやら夫側のモラハラのようで
当事者にしかわからない苦しみであり、
心無い友人には離婚するぐらいなら
なんで結婚したのと言われたり

お金はいれてくれてるんでしょと言われたり
無理解に苦しんだようです。
頼れる親族もいなかったので
シングルマザーとなるまでには
苦労をしたとのこと。

そして息子は精神障害者保健福祉手帳3級を持っており
ADHDの診断があって服薬をしていることを
菅原初代さんはブログで明かしています。

実は夫のモラハラというのも
夫は頭の病気や障害に偏見があり、
息子は普通でどこもおかしくないとして

受診させるのを許さず、
むしろお前が見てもらえとまで
菅原初代さんに言ったことなどがあげられています。

そう考えると菅原初代さんが
離婚してシングルマザーになり
障害を持つ息子を一人で育てるというのも
正解だったのかもしれません。

我慢して結婚したままですと
息子の障害をきちんと知ることが出来ずに
息子に無理をさせてしまっていた危険性が高いですし。

■おわりに

そんな息子も2017年現在は中学3年生。
義務教育終了までもう少しであり、
何やら息子さんもあることを決意して頑張るとのこと。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA