杉本彩の離婚理由が凄い。再婚した現在の旦那松山禎秀との関係は良好

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2017年現在は動物環境、
福祉協会を設立して活動もしている杉本彩

過去には離婚も経験しており
当時語った理由とは別の理由を
現在の旦那と再婚した時に明かしています。

現在の旦那との関係は良好であり
離婚の心配はないよう。

今回はそんな杉本彩の旦那との離婚理由と
再婚した現在の旦那、
松山禎秀との良好な関係について
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 


■杉本彩の元旦那との離婚理由

杉本彩は1992年にミュージシャン、
音楽プロデューサーの沼田年則と結婚。
しかし2003年に離婚をしており

その離婚原因については
2017年5月にイベントで
「ラテンの血が爆発した」
と語っています。

確かに離婚してからは
「日本人ラテン化計画」
を提唱もしています。

しかし杉本彩は2011年9月にて
離婚原因についてブログに
原因を一部書いています。

京都から母を引き取り
20代の当初の7年間は
杉本彩、母親、元旦那の三人で
暮らしていたものの

母親が元旦那に対して暴言を言い回り
それを知った元旦那が傷ついたことが
離婚原因の1つでもあると明かしています。

ラテンの血については冗談めかして折
母親の元旦那に対する暴言が
1番の離婚原因のように思われます。

また、杉本彩は2017年7月には
当時大きな話題となっていた
松居一代と船越英一郎の
離婚騒動について聞かれた所

「離婚は人生を方向転換すること」
「凄くエネルギーが要る」
と語っています。

■杉本彩の再婚

杉本彩はビジネスパートナーであった
現在の旦那の松山禎秀と
2011年4月に結婚をし、
2011年8月31日に正式に発表をしました。

発表が遅れた理由については
2011年になってから4月に

結婚をすることは決めていたものの
東日本大震災があり
再婚という祝い事の発表を控えていたため。

杉本彩の現在の旦那であり、
株式会社オフィス彩の代表取締役である
松山禎秀の出会いは撮影現場での事。

松山禎秀はもともと
杉本彩の大ファンであり、
映像の製作会社の
アシスタントプロデューサーを
していました。

そして現場で初めて見る
杉本彩に大興奮し
松山禎秀が独断で杉本彩を
キャスティングするなど
積極的にアプローチ。

そのうちに松山禎秀の猛アプローチで
杉本彩のマネージャーとなり

その時は当時の旦那が個人事務所社長、
杉本彩がタレント、
松山禎秀がマネージャーという
なんとも複雑な関係に。

そして杉本彩が離婚をし
杉本彩が個人事務所の社長となり
マンションを買った時には
自然と松山禎秀が入り込んで同棲開始。

元旦那との結婚時を含め
13年間の結婚したいというアプローチを受け
2011年4月17日に再婚に至りました。
 

【スポンサーリンク】

 


■杉本彩と旦那、松山禎秀の関係

そんな杉本彩と松山禎秀ですが
仕事がなければ杉本彩は京都、
松山禎秀はずっと東京な生活。

しかし離れていても朝夕のメールや
電話は毎日欠かさないというタイプ。

とはいえ杉本彩は劇場型、
松山禎秀も短気なところがあり
喧嘩になると物凄いという。

しかし松山禎秀は本当の愛情は
相手の問題点も全部
引き受けるものと考えており
喧嘩はしても人間性を
全て受け止めるという考え。

その旦那の考えに杉本彩は心を打たれ
ついに2011年に結婚をしたということに。

■おわりに

ちなみにそんな杉本彩の旦那、
松山禎秀は過去に
ある日突然半身麻痺が起こり
脳梗塞になっていたという。

更に詳しく検査をすると
心臓弁膜症で血の塊が出来て
それが血栓になって脳梗塞を
引き起こしていたことが発覚。

最初の病院で1ヶ月、
心臓の大手術をして
リハビリをふくめて1ヶ月と
合計2ヶ月も入院する
大きな病気をしたこともあったりも。
 

【スポンサーリンク】

 






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA