杉田かおるが母親の介護をやりきった事を報告。再婚した旦那と2人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

旦那と再婚をして
倒れた母親と同居をし、
介護していることを
明かしていた杉田かおる

そんな杉田かおるが母親が
なくなったことをブログで報告。

杉田かおるは介護を
最後までやりきったということに。

今回は杉田かおるの
母親の介護についてと
旦那との再婚について
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■杉田かおるの母親

杉田かおるは7歳で子役デビューをし
天才子役として活躍していましたが
そんな杉田かおるの母親は
元祖ステージママ。

杉田かおるがドラマデビューをする
1年前に離婚をして

杉田かおると母親、
そして妹の3人家族であったため
杉田かおるをずっと
支え続けてきてくれました。

そんな杉田かおるの母親は
ヘビースモーカーで
多い時はタバコを1日100本吸うほど。

約20年前に肺気腫を患って
禁煙をしていましたが
2013年夏頃に肺気腫が悪化。

母親は大丈夫だと言いはったものの
杉田かおるは無理やり
車で病院に連れていき入院。

杉田かおるの母親は
集中治療室に3日入り
酸素濃縮器をつけざるを
得なくなり介護が必要に。

肺の病気で障害等級が最も重い一級と
なったために杉田かおるが
自宅で介護をしています。

また、母親の介護には
妹も手を貸してくれたとのこと。
 

【スポンサーリンク】

 

■杉田かおるは自宅介護を選択

杉田かおるの母親は
臓器移植の提案も出るほどでしたが
80歳を越える高齢であるため
体力面で不安があり薬を使っての
自宅介護を選択。

お風呂に入れる時は
肺の酸素の飽和度を図りながらで
呼吸が苦しそうになったら湯船から上げ、
唇の色も見ながらと
細心の注意を払っていたとのこと。

そんな母親の介護も妹がいたために
両立できていましたが
2015年に杉田かおるの妹が
結婚しアメリカへ。

芸能界の仕事と
母親の介護はとても大変で
杉田かおる自身が貧血になり
何度も倒れてしまったために

母親の介護を優先するために
杉田かおるは芸能界の仕事を
抑える決心をつけました。

しかしやはり母親の介護は大変なようで
2017年10月10日には
ブログにて「介護疲れ」
というタイトルで
以下のように記述。

「自分が後もう少し若くて
元気だったらと思うと悔しい」
「自分が情けない」
「心身共に限界」
「主人には本当に感謝しています」

そして2017年12月21日には
杉田かおるはブログを更新し、
苦渋の決断として
母親を病院隣接の施設に
入れて頂いたと報告。

ここでも「主人がいてくれて
本当良かったです」
と語っており再婚した旦那と
良好な関係を築いているのが
わかります。
 

【スポンサーリンク】

 

■介護の終わり

しかし杉田かおるの母親は
2018年1月6日になくなったことを
2018年1月14日の
ブログで明かしています。

忙しくてなかなか
親孝行できなかったものの
最後の四年半はずっと
一緒にいられて幸せだったと語り、

母親の名前について明かし、
名前の由来も語っています。

「おじいちゃんが美しく
年をとってほしいと
美年子とかいて
ミネコと読ませる名前を
つけました」

■杉田かおるの再婚相手の旦那

杉田かおるは2005年1月11日に
日産コンツェルン創始者の孫
鮎川純太と交際二ヶ月で結婚。
しかし2005年8月11日に離婚。

そして2013年12月26日に6歳年下の
建築関係の博士である
一般男性と交際半年で
再婚していた事が明らかに。

ちなみに再婚相手の旦那は
元カレの後輩であったことを
2014年21月25日放送の
「踊る!さんま御殿」のSPで
明らかにしています。

杉田かおるは事ある毎に
そんな再婚相手である
現在の旦那への感謝を述べており
とても良好な関係であることが伺えます。

■おわりに

杉田かおるは毒舌ぶりで
魔王とまで言われても居ましたが
母親の介護への献身ぶりや

ブログで旦那に度々
感謝を語っているを見ると
毒舌なのはあくまでも
キャラづけであったのでしょうか。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください