鈴木早智子は2017年今Wink再始動に向けドラマにも出演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

現在は活動停止中のアイドルユニットWinkの鈴木早智子
1988年に結成をし、2018年が結成30周年となるため
記念すべきその年にWink再始動もあるのでは、とも言われています。

そうした中で鈴木早智子は
2017年今はドラマに出演をしたりとメディアに
再び出始めています。

今回はそんな鈴木早智子の2017年今と
Winkの再始動についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■鈴木早智子について

名前:鈴木早智子(すずき さちこ)
生年月日:1969年2月22日
出身:東京都

鈴木早智子は1988年に相田翔子とともに
Winkとしてデビューをし大ヒット。

「淋しい熱帯魚」では第22回全日本有線放送大賞グランプリ、
第31回日本レコード大賞を受賞して
第40回NHK紅白歌合戦にも出場をしています。

しかし1992年になると
鈴木早智子と相田翔子はそれぞれ
ソロ活動が目立つようになり
1996年3月末で活動を停止。

2008年12月30日には
第50回日本レコード大賞で
鈴木早智子と相田翔子の2人で
「淋しい熱帯魚」を歌唱するなどしていましたが
現在の所本格的なWinkの活動再開には至っていません。

しかし鈴木早智子は2017年今現在、
CSエンタメのオリジナルホラードラマ
「心霊呪殺 死返し編」に
教師役として特別出演もしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■鈴木早智子とWink再始動

Winkの相田洋子は2017年4月27日に
ブログでWinkの20周年であることを報告し
Wink時代の8年間を「いつも鍵はオープンの宝箱」と表現し

近々また鈴木早智子と会う約束をしていると語ったり
Wink活動再開の可能性を匂わせていました。

そうして鈴木早智子が前述のドラマに
出演することが発表された際に
鈴木早智子が2018年にWinkが再開する可能性について聞かれると

相田翔子とはこまめに連絡を取り合っていて
会話の中でもWink復活の話は出てくるものの
まだどうなるかはわかっていないとしています。

そして2017年8月21日には
Winkが2018年4月に活動再開するとサンスポにて発表。
とはいえこの発表については

相田翔子の事務所は「具体的なことは何も決まっていない」とし
相田翔子もブログにてWink活動再開報道について
「びっくりでした!さっちんもきっと、びっくりしているはず!」
と書いており、再始動はまだのようです。

■おわりに

また、鈴木早智子は以前の所属事務所に
未払い分のギャラを要求してきたということが
2017年9月5日発売の女性自身について明らかになっています。

前所属事務所は要求されたことと
一年ほど前から月に数万円払っていることは認めましたが

その未払いのギャラというのが
クビにしたマネージャーと
鈴木早智子が独断で取っていた仕事のギャラのようで
当時経理を担当していた人物も把握していないとのこと。

また、2017年今の鈴木早智子の
所属事務所のマネージャーも
前の事務所からギャラを貰っていないという話は
聞いているものの詳細は把握していないという。

Winkの活動再開は
鈴木早智子と前所属事務所の問題が
きっちりと解決してからになるのかもしれません。

参考:女性自身2017年9月5日発売号
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA