鈴木紗理奈が主演女優賞受賞!キセキの葉書は原作あり。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

鈴木紗理奈がスペインのマドリード国際映画祭で
主演した原作のある映画「キセキの葉書」で
最優秀外国映画主演女優賞を獲得し、祝福の声が相次いでいます。

しかしその一方で、実は授賞式の直前には
パスポートが盗難被害に遭うということも…
今回は鈴木紗理奈の主演女優賞受賞について

受賞した作品、「キセキの葉書」について。
そしてパスポートの盗難被害について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■鈴木紗理奈の主演女優賞受賞

鈴木紗理奈は2017年7月13日から
スペインの「マドリード国際映画祭」のために現地入り。
2017年7月15日(日本時間では16日)に
最優秀外国映画主演女優賞を見事受賞しています。

■鈴木紗理奈が主演のキセキの葉書

そうして鈴木紗理奈が見事に
最優秀外国映画主演女優賞を受賞した作品、
「キセキの葉書」は鈴木紗理奈にとって初主演の映画。

原作は脇谷みどりの半生を描いた著作
「希望のスイッチは、くすっ」

ちなみにサブタイトルは
「うつ病の母に笑顔がもどった奇蹟のはがき」
となっています。

舞台は1995年、阪神・淡路大震災から
半年が経過した兵庫県。

あらすじとしては鈴木紗理奈が演じる主婦が
24時間介護の必要な脳性まひの5歳の娘を抱えながら、

大分県に住む、認知症とうつ病を併発した
母親を励ますために毎日葉書を送り続け
ひたむきに生きる姿を描いています。
 

【スポンサーリンク】

 

■鈴木紗理奈は授賞式直前にパスポートの盗難被害に…

鈴木紗理奈がパスポートを
盗まれたのは授賞式の前夜。

ホテルの中でカバンを盗まれており、
その中に財布やクレジットカード、

そしてパスポートも入っていました。
防犯カメラを見たところどうやらプロの犯行のよう。

休日であったために大使館は空いておらず、
月曜の朝イチで大使館に向かい、

一回限り有効の渡航者用紙を発行してもらい
それで今回は日本に帰るという形になるとのこと。

本来は2017年7月17日に群馬県高崎市で
ライブツアー「RED SPIDER47~旅ハ道連レ、縦断斜メ~群馬編」に
出演する予定であったものの
帰国が遅れるために休演。

■おわりに

鈴木紗理奈は帰国後の2017年7月19日に
受賞会見を日本で行う予定とのことです。

パスポートの盗難被害にあったのは災難ですが
アワード授賞式で鈴木紗理奈は

「カバンを盗まれて財布やクレジットカード、
パスポートもないけどトロフィーを獲った」
という要旨の話をしたら大歓声と拍手を受け

翌日街を歩いていたら
パスポートをなくしたけどトロフィー獲った日本の女優か、と
声をかけられたようである意味印象に残るスピーチになり
最終的にはhappyな出来事になったと語っています。

ちなみに鈴木紗理奈は
ちょっとだけ夢だと疑っていたようです。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA