高橋英樹が自宅を断捨離…理由は明確には語らず。床全てを使って書道も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

高橋英樹が自宅を大胆に断捨離をして
自宅には何故か丸太が一つだけ
ぽつんと置かれている状態に。

自宅の断捨離の理由としては
ゴミ屋敷に近い量の物があり、
全部処分しようとしたという。
今回はそんな高橋英樹の自宅の断捨離について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■高橋英樹の自宅の断捨離

高橋英樹が自宅の断捨離をしたのを
初めて明かしたのは
2017年5月4日放送の「ダウンタウンDX」。

高橋英樹は33トンほど断捨離。
断捨離リストの一部は以下の通り。

スーツ:1000着
ネクタイ:600本
靴:150足
バッグ:100個

本:1500冊
テレビ:7台
VHSテープ:1000本
DVD:980枚

カメラ:25台
お皿:500枚
コップ:200個
なべ等:130個

4トントラックで8往復をしたということで
引っ越しレベルというかそれ以上。

70歳を越えたので家にあるものは全部処分しようということで
今は最低限よりも無いと高橋英樹は明かしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■高橋英樹の断捨離理由

高橋英樹が断捨離をした理由は
明確には語っていませんが

前述のように70歳を越えたので、と
年齢を理由にしています。
そうなるとまず真っ先に考えられるのが終活。

自宅にはすでにソファーなどもないため
座るのは謎の丸太を使用しており、
何も無い自宅で床を目一杯使って
書道をする姿も見受けられましたが

さすがに断捨離をした理由が
書道をするためとは考えられませんし。

年齢的に広い自宅に住んでも
手入れが行き届かないというのはありそうですし
引っ越しを機会に断捨離をした、
という理由だと良いのですが…。

今は最低限より無い、と語っているため
まだ断捨離をした自宅に住んでいそう。

■おわりに

高橋英樹が自宅を断捨離したことについて
嫁や娘、特にフリーアナウンサーの
高橋真麻の反応がほぼ無いのが気になる所。

しかし実は高橋真麻の2017年1月のブログで
実家から写真を持って帰ってきたことを明かしているため
断捨離の前に高橋真麻が
引き取ったものも幾つかあるのかもしれません。

また、やはり2017年1月には実家で
母娘で連弾をしていたりもしているので
このときにはまだ物はあったよう。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA