武田昴三はソプラニスタのガラシャ。カミングアウトをしていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ソプラニスタ・ガラシャこと武田昴三
オネエであることを
カミングアウトをするようです。

今回はそんな武田昴三と
オネエをカミングアウトすることについて
見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■武田昴三について

本名:武田昴三(たけだ こうぞう)
名前:ソプラニスタ ガラシャ(GARASYA)
出身:静岡県

武田昴三は2008年頃から
ディナーショーや演奏会を積極的にこなし
伊豆高原で「そば処 明日葉」を経営しながら
活動をしていました。

本格的な蕎麦屋でありながら
店主の武田昴三が独学で
学んだオペラを店内で披露。

年に40回もコンサートを開くほどで
2011年には8月には
「ナニコレ珍百景」で紹介もされています。

2009年に武田昴三は
新しい芸術分野の創出などが認められ
東久邇宮文化褒章を最年少で受賞。
このときにはサンコンも
同時受賞をしていました。

■ソプラニスタについて

ソプラニスタは成人男性でありながら
ソプラノ歌唱が可能な歌手のことで
男性の高音であるカウンターテノールとも
カストラートのように去勢をし
て高音を保つのとは別種。

普通に変声期を迎えて
日常では普通に男の声で
歌うときだけ高音を出せる歌手であり
ソプラニスタは世界でも
数が少ないとされています。
 

【スポンサーリンク】

 

■武田昴三の現在

現在は「ぎんざ 紫」という
ニューハーフや女性や男性など
様々なスタッフが勤めているBARラウンジで
ソプラニスタ・ガラシャこと
玉子という名前で活動をしています。

ちなみに元々はソプラニスタ・Subaruとして
活動をしていましたが
熊本への慰問旅をした際に

細川ガラシャの墓参をしたことで
ソプラニスタ・ガラシャと
改名をしています。

そちらのほうがしっくり来た
ということなのでしょう。

■おわりに

武田昴三はソプラニスタという
極めて稀な能力を持っていますし
これからはソプラニスタ・ガラシャとして
注目をされそうな予感がとてもします。

しかしオネエをカミングアウトすることで
話題性はかなり高そうですが
ソプラニスタとして売っていくのか、
オネエキャラとして売っていくのか。

武田昴三本人としては最終的に
どちらを望んでいるのかが気になります。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ソプラニスタガラシャ より:

    ソプラニスタ武田昴三ことソプラニスタガラシャです!
    整形はしてません。
    オフレコの方は、銀座に来る前に知り合った人なので、皆さんが思われている方ではございませんので悪しからず✨

コメントを残す

*

CAPTCHA