ビートたけしが嫁の北野幹子と離婚。19年1月に離婚調停と報道も

ビートたけしが嫁の北野幹子
離婚をしていることが明らかに。

ビートたけしと嫁は前々から
離婚の話は出ていました。
そもそもビートたけしと嫁の
結婚生活はおよそ40年ですが
別居も40年近くしていると明かしてもいます。

今回はビートたけしが嫁の
北野幹子と離婚をしたことについて
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■ビートたけしの嫁、北野幹子

名前:北野幹子(きたの みきこ)
生年:1951年
出身:大阪府

ビートたけしの嫁、北野幹子の実家は寺。
1971年に漫才師デビューをしており
1978年にビートたけしと知り合い同棲。
1980年に結婚、1983年には
正式に婚姻届を提出。

1981年には長男の北野篤
(2010年に博報堂ケトル入社)が誕生、
1982年には長女で女優の
北野井子が生まれています。

ちなみに北野幹子の弟は
レーシングドライバーの松田秀士であり、
僧侶の資格も持っているという変わり種。

更にはビートたけしの
運転手兼付き人の経験も持っています。

■2014年に離婚説も

ビートたけしと嫁の北野幹子には
前々から離婚説が流れていました。
2014年7月には週刊文春が
嫁とはない女性と一緒になりたいと
発言をしていたと報じました。

ただしビートたけしは嫁との離婚について
離婚説について反論をしています。

「財産はとっくにカミさんに取られている」
「男女の関係じゃない」

また、2017年7月には
「新・情報7days」に出演をしており
嫁との結婚生活について
以下のようにビートたけし本人が言及。

「40年間家出してる」
「カギも持ってない」

 

【スポンサーリンク】

 

■2019年1月に再び離婚説

ビートたけしと嫁の離婚説は
2019年1月1日にスポニチにて
報じられました。

2018年夏前にビートたけしが
嫁に対して離婚調停を申し立てたとの形。
ただしビートたけしは
この嫁との離婚説について
2019年1月6日に以下のように反論。

「何が!離婚の調停中ってのは」
「調停なんか終わってるよ」
「後はハンコを押すだけだ、こっちは」

とはいえこれはあくまでも
冗談めいた発言でしたが。

■2019年6月に離婚か

ビートたけしが嫁の北野幹子と
離婚をしたと発覚したのが
2019年6月12日の事。

ビートたけしは2018年3月で
オフィス北野を独立。
「T.Nゴン」を立ち上げて所属をしており
結果的に公私共に心機一転。

■おわりに

ビートたけしと嫁の離婚については
今までのパターンを見ると
本当であったにせよ
そうでないにせよビートたけし本人が
何かしら言及をする気がします。

個人的には嫁との別居や
離婚調停などの発言をした
「新・情報7DAYS」で
何かしらコメントするかなと。

前例が有るということに加えて
さすがに離婚の真偽はどうにせよ
会見を開くようなものとは思えませんし。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください