田中彩子(ソプラノ歌手)の日本語の理由はウィーン在住だからか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ウィーン在住のソプラノ歌手である田中彩子
100人に1人とも言われる
高音域を自在に操るハイコロラトゥーラの
才能を認められている人物。

近年は日本のメディアにも出演をしており
様々な面で注目を浴びています。
10代の頃にウィーンに留学をし在住。

日本のメディアに登場する時に
日本が怪しいという面でも話題に…。
今回はそんな田中彩子についてと
田中彩子の日本語について
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■ソプラノ歌手・田中彩子について

名前:田中彩子(たなか あやこ)
生年月日:1984年2月23日
出身:京都府

田中彩子は元々は3歳の頃から
ピアノを弾いており
ピアニストを目指していました。

しかし手が小さかったため
不安を抱いていたという。
そして大学進学を迎えた時期に
恩師が声楽の道へ誘い、

ウィーンの音楽研修旅行に
参加したところ、才能があるとされ
元宮廷歌手ミルカーナ・コノロバから
「私が教えるから
ウィーンに来なさい」と誘われます。

そうして田中彩子は高校卒業後に
単身でウィーンへ留学。
ドイツ語の辞書を友人にして
歌と向き合っていひたすら
自己研鑽を重ねます。

そして22歳の頃にスイス・ベルンの
州立歌劇場で「フィガロの結婚」で
ソリストとしてデビューを果たします。

これはこの劇場では日本人初、
そして最年少でのデビューという快挙。

その翌年には国際ベルヴェデーレ
オペラ・オペレッタ・コンクールで
オーストリア代表として本選にも出場。

2013年にはロイヤル・フィルハーモニー
管弦楽団の定期公演でロンドンデビュー。
2014年にはウィーン・コンツェルトハウス
大ホールデビュー等、

ウィーンに在住をして
ヨーロッパを中心に活動をしています。
実際に田中彩子の歌声を聞くと凄い。

 

【スポンサーリンク】

 

■田中彩子の日本語

田中彩子は18歳の頃にウィーンへ留学し
22歳でプロデビュー。
2018年1月現在は33歳であり、
10年以上ウィーンを中心に
活動をしているということに。

日本でも2014年11月に
「華麗なるコロラトゥーラ」で
デビューを果たします。

そのように日本でも時たま
メディアに出演をしますが
その際の日本語が少々怪しいことも話題に。

こちらの動画が田中彩子の
日本語について
わかりやすいかもしれません。

田中彩子が大きく話題になったのは
2016年6月5日放送の「情熱大陸」の出演。
美人すぎるソプラノ歌手の
田中彩子として話題に。

実際に2016年9月14日の
「ザ!世界仰天ニュース」でも
鶴瓶は田中彩子の
日本語が怪しいと発言。

ウィーンを拠点に10年以上
活動をしているためか
田中彩子の日本語は舌足らずであったり、
怪しい等と度々言われています。
 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

田中彩子は美人すぎる
ソプラノ歌手などといったフレーズで
呼ばれてもいますが

本人はあくまでも
オペラ鑑賞がもっと身近になる、
興味を持ってもらえる
きっかけになれば良いとしています。

とはいえいつかその肩書が
自然に消えてくれたら
とても嬉しいとのこと。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください