寺島進は嫁との子供(娘)に影響を受けディズニー映画が大好きに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

事務所はオフィス北野に所属をし
残留を発表もした寺島進

2009年には一般女性の嫁と結婚をし
2010年6月には娘が産まれ、
2015年3月には息子が産まれています。

寺島進は娘に影響をされ
ディズニー映画で涙ぐむことも…。

今回はそんな寺島進の嫁と
子供についてと
娘について語っている
エピソードについて
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■寺島進の嫁

寺島進は2009年に
一般女性の嫁と結婚。
嫁は17歳歳下であり、
出会ったきっかけは
東京の知人の紹介。

寺島進が嫁に一目惚れをし
連絡先を教えてもらって猛プッシュ。
浅草で初デートをしたという。

寺島進は嫁との結婚生活について
いくつかの番組上で明かしており
以下のようなことを明かしています。

■嫁によく叱られる。
声をかけくれた人に
無愛想だったため
「芸能界そんなに偉いのか」
と怒られた。

ちなみに寺島進は嫁とは
年の差があるものの
自分のほうが大きい子供の
ようなものだと語っています。
 

【スポンサーリンク】

 

■娘に影響も

寺島進は嫁との間に前述のように
2010年6月に生まれた娘、
2015年3月に生まれた息子がいます。

娘が3歳の頃に、歌手にハマって
踊っていたり、イカの塩辛を
ご飯にかけて
食べていることを明かしました。

更には車の助手席には
いつも娘を乗せているため
エコドラで安全運転を
心がけているとも。

また、2017年5月6日放送の
「メレンゲの気持ち」では
当時6歳の娘が自宅で
ディズニー・チャンネルを
よく見ることがきっかけで
ディズニー映画が大好きに。

寺島進は娘たちと一緒に
ディズニー映画を劇場に見に行き
当初は付き合いで
行くかのような気持ちなものの
実際に映画を見ると涙ぐみ、

それを娘たちに見られたくなくて
こっそり拭って
「まぁまぁよかった」と
感想を語ったりしていることを
明かしています。

また、娘の学校行事などで
寺島進は運動会は全て参加。

寺島進が直接
ジュウオウジャーを演じたりと
運動会では注目をされたり。

また、弁当もありあわせを
多少使用したものの
作ったことがあるよう。
 

【スポンサーリンク】

 

■寺島進と北野武

寺島進が俳優としての
転機となったのは北野武の
監督デビュー作である1989年の
「その男、凶暴につき」でのこと。

寺島進はオーディションに合格し
北野武によく食事や飲みに
連れて行ってもらい、
「ずっとやり続けろよ」
などと声をかけてもらったという。

そして1992年には寺島進は
北野武がハリウッドに
行くと聞いてアポ無しで
親からお金を借りて
渡米しロサンゼルスへ。

国際電話で北野武の事務所に
宿泊を伝えると
北野武自ら迎えに来てくれたという。

ちなみに寺島進は
一ヶ月かけてニューヨークから
バスでロサンゼルスに向かったと
行動力がものすごい。
その事を寺島進が北野武に伝えると

「なんでうちのやつらは
無茶ばっかするんだろうな」

と言ってくれ、寺島進は
北野武にとて身内だと
認識されたのが
嬉しかったとも語っています。

そして寺島進がそう行動したことで
1993年の「ソナチネ」に
起用されることが決定し
北野武の作品の常連に。
 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

北野武も寺島進について
「その男、凶暴につき」で
一生懸命していたのを見て

ちょい役でも良いから
とにかく出そうと思い、
2001年の「BROTHER」では
重要な役をしてもらったと
対談で語っていたりも。

また、寺島進は
そのような経緯もあり
事務所はオフィス北野。

北野武が独立をしましたが
寺島進は北野武がいない現在、
事務所では稼ぎ頭の一人なので

事務所に残留することを
2018年4月10日放送の「ミヤネ屋」にて
宮根誠司が寺島進本人から

電話で言われ、残留することを
「テレビで言って欲しい」と
託されたことを明かしました。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.