勅使川原郁恵は現在資格が多く寿司職人に!結婚し夫の間に子供二人

元ショートトラック
スピードスケート選手の勅使川原郁恵
冬季オリンピックに3回出場をして

引退後の現在は
スポーツキャスターとして
度々テレビ番組に呼ばれています。

そんな勅使川原郁恵ですが
2011年に会社員の夫と結婚式を挙げ
二人の子供が生まれています。

そして実は多くの資格を持ち、
飾り巻き寿司の資格も拾得しているほど。
今回はそんな勅使川原郁恵が
現在結婚して夫と子供がいることや
資格などについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■勅使川原郁恵について

名前:勅使川原郁恵(てしがわら いくえ)
生年月日:1978年10月27日
出身:岐阜県岐阜市

勅使川原郁恵は3歳の頃から
スケートを始め、
中学2年生のときには
ショートトラック全日本選手権で
総合優勝し高校1年からは5連覇。

1996年の世界ショートトラック
ジュニア選手権でも総合優勝と
まさに日本のトップに立っていました。

そして1998年の長野五輪、
2002年のソルトレイクシティ五輪
2006年のトリノ五輪に出場。
トリノ五輪後に現役を引退し、

中学2年生の時に
綺麗な女性キャスターから
インタビューを受けてから
憧れていたスポーツキャスターを目指し、
実際にすぐにスポーツキャスターとして
抜擢をされます。

また、日本ウォーキング協会の
親善大使にも就任をしています。

■夫との結婚式

そして勅使川原郁恵は
2011年10月2日に、
群馬県高崎市出身の
当時36歳でスポーツマンである
会社員の夫と結婚。

出会いは2009年12月の
ホノルルマラソンに参加をしたときに
共通の知人を介して
ハワイで知り合ったとの事。
 

【スポンサーリンク】

 

■子供の出産

そして勅使川原郁恵は
2012年10月14日に第一子(長男)を
出産したことを報告。

2015年5月18日に
二人目の子供(次男)を
出産したことを報告しています。

■勅使川原郁恵は資格を大量に拾得

勅使川原郁恵は引退後は
精力的に資格を取り、
以下のような資格を拾得しています。

ウォーキングアドバイザー
姿勢アドバイザー
スポーツシューズスペシャリスト
ジュニア・ベジタブル&フルーツマイスター
ベジタブル&フルーツビューティーセルフアドバイザー
フードアナリスト

ナチュラルフードコーディネーター
雑穀マイスター
飾り巻き寿司インストラクター
食育インストラクター
睡眠改善インストラクター
温泉ソムリエ

気候療法士
ピラティスベーシックインストラクター
幼児食インストラクター
ヨガベーシックインストラクター
ベビーヨガインストラクター
ベビーマッサージインストラクター

なんと合計18個もの資格を拾得。
(インスタでは22個の資格と
書いているため、他にもあるよう)
ちなみに飾り巻き寿司
インストラクターの資格は
2009年6月5日に合格したことを報告。

勅使川原郁恵のブログでも
度々飾り巻き寿司が
登場をしています。

車やパンダ、アンパンマンなどを
寿司で表現して
ホームパーティを開いたりもするほど。
 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

勅使川原郁恵は現在は
多くの健康に関する資格を
持っていることもあり
メディアにて度々登場。

ウォーキングインストラクターとして
出演の機会も多いよう。

また、2018年2月の平昌五輪に
五輪出場選手として
スケートの解説などでも
度々出演をしていました。

アスリートのための
ピラティス講座なども開いたりと
本当に多彩な人物。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください