徳永英明の病気は脳梗塞だった。16年にもやもや病予防手術も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2018年9月4日に
救急搬送をされた徳永英明
当初はもやもや病ということもあり
大事を取って入院程度との報告でしたが

精密検査の結果、徳永英明は
軽度の脳梗塞であることが明らかに。

今回はそんな徳永英明が
病気、脳梗塞になったのと
もやもや病になった
経緯などについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■徳永英明の病気は軽度の脳梗塞

徳永英明が救急搬送されたのは
2018年9月4日の昼頃。
徳永英明が事務所でスタッフと
談笑をしていた際に
激しい立ちくらみのような症状に。

その後徳永英明はソファで
横たわっていましたが、
スタッフがいつもと
違うような印象を受けたため

もやもや病という病気を
患っていた事もあり
大事を取って救急車を呼び、

検査のために一日入院をすること、
2018年9月5日に検査を
することが明かされました。

そして徳永英明は検査の結果
脱水症状による
軽度の脳梗塞であることが明らかに。

当初は2018年9月8日の新潟、
2018年9月9日の富山でのコンサートは
通常通り行うとしていました。
しかし徳永英明は脳梗塞であるため
一週間程度の入院をする事になったので
新潟と富山のコンサートは延期に。
 

【スポンサーリンク】

 

■徳永英明ともやもや病

徳永英明がもやもや病という
病気であると自覚したのは2001年5月、
新潟市内のコンサート中の事。

過密なスケジュールであったこと、
酒もタバコも大好きで
コンサート直後にも
麻雀やゲームなどで徹夜をするなど
生活習慣が悪かった事もあり

コンサート中に
歌詞が出てこなくなり
一時ステージ脇へ退場。

ステージに復帰をして
最後まで歌いきったものの
今までの生活のツケがきたかと思い
徳永英明は精密検査を受けることに。

その結果徳永英明は
もやもや病であることが発覚。
全国ツアーを中止して無期限休養へ。
およそ1年半後、2002年11月には
もやもや病を克服して活動再開。

2016年2月22日にはもやもや病による
脳梗塞発症を予防するために
開頭手術をおこなっていました。
 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

こう見ると徳永英明の
今回の脳梗塞はもやもや病と
無関係というわけにはいかないような。

2016年2月の開頭手術は
もやもや病による脳梗塞を
予防するための手術であったわけですし。

その手術をしていたからこそ
脳梗塞は軽度で済んだ
ということなのでしょうか。

しかし徳永英明が倒れた際に、
事務所のスタッフは
「いつもと様子が違う」
と判断をして救急車を読んだというのは

結果的に軽度の脳梗塞だったわけで
事務所スタッフの判断は
とても正しく的確だったという事に。

逆に言うといつもと違うと
判断出来るくらいに
徳永英明にとって
立ちくらみのような症状は
頻繁だったのでしょうか。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください