豊田真由子議員の音声が更に追加。元秘書は警察に被害の相談へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

元秘書に対する色々と激しい音声が
流出したことで自民党に離党届を出し
精神的に不安定となり入院をした豊田真由子議員

週刊新潮がyoutubeで
音声を一部公開していますが
更に音声が追加されています。

今回は豊田真由子議員の元秘書に対する
音声についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■豊田真由子議員の音声について

豊田真由子議員の元秘書に対する
激しい音声が出たのは

2017年6月21日のデイリー新潮から。
最初に流出したのはこちらの音声。

この音声が流れた経緯は、
支持者に送ったバースデーカードの47枚が
宛先とカードの名前表記が異なっていたため。

元秘書が運転して支持者の家に
お詫び行脚をしていたときの出来事で
元秘書が運転をし、
豊田真由子議員が後部座席にいた時。

冒頭から凄いインパクトが強い音声で一部で大人気に。
2017年6月29日時点ではすでに
200万再生突破となっています。強い。

そして一週間後に追加された
第三弾の音声がこちら。

この音声の状況は目的地の市民センターに
カーナビに従っていたため
最短距離ではなく50メートルほど
遠回りをしてしまったので激怒。

運転席と助手席の間から足を入れて
パンプスで5、6回ほど蹴ってきたようです。

ちなみに第三弾の音声は基本ミュージカル調で
第一弾、第三弾と比べると
激しい音声ではありません。

ただし最後に元秘書の娘に対して
冷たい口調で言及していてある意味一番怖い。
 

【スポンサーリンク】

 

■豊田真由子議員の元秘書らの証言

衝撃的な音声が流出した豊田真由子議員ですが
永田町では秘書たちが
就職したくない事務所ナンバー1とまで言われ

他の元秘書も豊田真由子議員の言動について
以下のように言及をしています。

土地勘もなく秘書になって間もないため
カーナビに従って曲がろうとしたら
「真っ直ぐだろ!」と怒鳴られ肩を叩かれた。

カーナビに頼った道が渋滞すると
「なんで裏道をいかないんだ!」と
一社線を無理やりUターンさせられた。

口癖は「私より頭が良い人間がこの中にいるの?」

電車が遅れたら、電車が遅れるのを
調べられなかった秘書が悪いとする。

■おわりに

今回音声を出した豊田真由子議員の元秘書は
2017年6月27日に埼玉県警に
被害の相談に出向いており
近いうちに被害届を提出する意向のようです。

豊田真由子議員の家は
進学塾を経営しており
東大卒の父、東京外語大卒の母が
そこで先生をしているとのことで
塾はとても繁盛をしていたようです。

豊田真由子議員は三姉妹の真ん中で
実家の塾で勉強していて全員が優秀。
姉は医者、妹は弁護士と
地元では豊田三姉妹は才媛だと評判だったとのこと。

しかしその一方で豊田真由子議員は
完璧主義者であるのか
自らも十分スペックは高いのに

他人と比べてわずかでも劣った部分があると
そこをコンプレックスに思ってしまうよう。

そうしてストレスがたまっていって
あのような音声が出るまでに
至ってしまったのかもしれません。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA