塚原美緒(気象予報士)がマツコ会議で動画が可愛いと評判だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

過去にマツコ会議に登場した、
気象予報士の塚原美緒

デビュー前の研修の様子が放送され
ぐだぐだ具合が可愛いと評判に。
今回はそんな気象予報士の
塚原美緒についてと
動画などもみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 


■塚原美緒について

名前:塚原美緒(つかはら みお)
生年月日:1990年2月3日
出身:広島県竹原市

塚原美緒は子供の頃から植物が好きであり、
草や花を見て育っています。
そして小学生の時に、
お天気コーナーを見て

気象予報士が季節の花を
紹介する姿を目撃。
そのことでいずれは塚原美緒も
気象予報士になりたいと意識。

高校進学時は理系教科が得意でなかったため
一時は気象予報士の夢を諦め、
広島大学総合科学部を2011年に卒業し
新聞社に勤務。

しかし2014年月に広島で
集中豪雨による土砂災害で被害を受け
地元のために何も出来ないことが悔しく
仕事を続けながら気象予報士になるため
勉強を続け、2016年10月についに合格。

2017年3月には気象予報士となるために
ウェザーマップに所属をし、

現在は2017年4月から
広島テレビの気象キャスターとして
塚原美緒は現在も勤務しています。
 

【スポンサーリンク】

 


■塚原美緒はマツコ会議で知名度上昇

そんな塚原美緒の知名度が上がったのは
2017年4月8日放送のマツコ会議。

デビュー前に研修をしており
その様子をマツコ会議で密着取材したものの
緊張していたためかものすごくぐだぐだに。

マツコはその当時動画を見て
「不出来にもほどがあるわね」
とまで発言をしたレベルです。

■塚原美緒の現在の動画

また、塚原美緒は前述のように
広島の集中豪雨時に
何もできなかったという悔しさをバネに
猛勉強して気象予報士に合格した人物。

そのため2017年4月28日には
広島県「みんなで減災」
推進大使に就任をしています。

そうして2017年9月には
動画で減災についてのメッセージを
およそ1分間語っています。

こちらの動画を見る限り
ぐだぐだハプニングの発生率は
下がってそうですが果たして…。

■おわりに

塚原美緒はマツコ会議で
デビューの裏側やバックボーンが
知られたためにかなり好意的な目で
温かく見守られています。

もしマツコ会議が放送されてなかったら
どうなっていたのかと思うと
ちょっとだけ怖い。
 

【スポンサーリンク】

 






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA