角替和枝ががんでなくなる。うつ病の過去も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

女優の角替和枝
がんでなくなったことが明らかに。
角替和枝の夫は柄本明、

長男は柄本佑、次男は柄本時生で
柄本佑の嫁は安藤サクラで
みな俳優、女優と芸能一家。

また、角替和枝は
過去にうつ病であったことも
明かしています。

今回は角替和枝が
がんでなくなったことと
うつ病症などの
病気であったことについても
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■角替和枝ががんでなくなる

角替和枝ががんでなくなった事が
明らかになったのは2018年10月27日。

角替和枝はおよそ1年前から
闘病生活を送っており
2018年10月27日の午前5時頃に
夫の柄本明、長男の柄本佑に看取られて
なくなったとのこと。

柄本時生は海外で
仕事をしていたため
その場にはいなかったとも
明かされています。

角替和枝は最後の3ヶ月間は
仕事をいれていなかったとのことで
実際に角替和枝のツイッターは
2018年7月5日を最後に
更新を停止しています。

角替和枝は2018年11月23日から
25日まで東京乾電池こども劇場で
「さらっていってよピーターパン」を
演出する予定でした。


 

【スポンサーリンク】

 

■角替和枝は過去にうつ病を告白

角替和枝は2007年ごろから
うつ病の症状に見舞われていました。

具体的には突然眠れなくなり、
眠ろうとした瞬間に目がさめるように。
そして自分が必要と
されていないのではという
思いが強くなり、

実際に自分がいなくなったらどうなるか
試してみたいという思いを持つように。

しかしそう思う角替和枝がいる一方で
それはダメだと分かっている自分もおり
駅に行くと突発的に
飛び込むのではという恐れから
プラットホームの柱につかまっていたという。

しかし角替和枝はうつ病の自覚はなく、
病院に行ったら
「こんな軽い症状で来るな」
と怒られるのではという恐怖から
2年間病院に行かず、
夫や息子たちにも相談せず。

しかし2009年頃、ニューヨークに行く
飛行機の中で胸が痛みだして検査入院。
当初は狭心症だと疑われたものの、
心臓に問題はなく、
心療内科へ行くように指示。

その結果ようやく角替和枝は
うつ病だと診断され、
先生から「うつだよ、辛かったね」
と言われて声を上げて
泣いたことも明かしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■夫の柄本明が角替和枝のうつ病を支えていた

うつ病だと診断された角替和枝は
その場で抗うつ薬と精神安定剤をもらいます。

その時に角替和枝は
病院からの帰り道、
今まで風景がモノクロに見えていた事、
風景に色が戻ってきたことを実感。

次回の診察時には角替和枝と
夫の柄本明が同伴。
毎日朝6時起床、夜22時就寝を
守るように言われ、
それを1年間守りました。

そのために柄本明は
角替和枝よりも早く起き
角替和枝を毎朝起こし
1年経って先生からうつ病については
もう大丈夫だと言われたとのこと。

■おわりに

実は2009年1月4日の
「ボクらの時代」では
「笑う門には親子の絆スペシャル」
として角替和枝一家が勢揃い。

柄本明、角替和枝、
柄本佑、柄本時生の4人が
出演をして濃厚な時間を
醸し出していました。

柄本佑の嫁、安藤サクラは
2018年10月現在NHK朝ドラの
「まんぷく」のヒロインとして活躍。

安藤サクラがそれを受けたのも
角替和枝の「これをやらないなら
事務所も辞めちゃいな」
という言葉でやることを
決心したというエピソードも。

そんな後押しをしてくれた
義理の母である角替和枝が
このタイミングでなくなるのは、
安藤サクラ的にもつらそうです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください