内田裕也が骨折して入院をしていた。一ヶ月ほどリハビリのため。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

樹木希林と結婚してから40年別居をしているものの
今もまだ夫婦でいる、傍から見ると不思議な関係の内田裕也

そんなある意味人生もロックンロールな内田裕也ですが
骨折をして入院をしていることが明らかに。
今回は内田裕也の骨折して入院をしたことについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■内田裕也の骨折と入院

内田裕也が骨折をして一ヶ月ほど
入院をしていたのが明らかになったのは
2017年10月12日に行われた「第4回京都国際映画祭」の
オープニングセレモニーでの事。

スタッフに両脇を抱えられて内田裕也は東欧をし
その理由について骨折して
一ヶ月ほど入院をしていたと語りました。

夏前に都内の屋外で滑って転倒。
右足の甲を骨折したのと他に
別の理由、マネージャーによると
マッサージ可何かが原因だとして
助骨にもヒビが入っており、

骨折は完治したもののリハビリのために
一ヶ月ほど入院をしていたとのこと。

体調を尋ねられると内田裕也は
現在は車椅子生活を楽しんでいると答えました。

内田裕也が退院をしたのは数日前であり
第一回から参加をしていて
ライフワークとなっている「第4回京都国際映画祭」に
欠席することは全く考えていなかったようです。
 

【スポンサーリンク】

 

■内田裕也のツイッターが…

内田裕也は最近の傾向として
一ヶ月ほどツイッターを更新をして
一ヶ月はツイッターをやらないというサイクルが。
2017年に入ってからは以下のようなツイート数となっています。

2017年1月:6回
2017年2月:0回

2017年3月:15回
2017年4月:0回

2017年5月:6回
2017年6月:1回(5月最後のツイートの訂正)

2017年7月:5回
2017年8月:4回
2017年9月:0回
2017年10月:0回

より正確に言うと
何かツイートしたいことが会った時に
連投をすると言った使い方ですけれど。

とはいえ2017年9月、10月は
ツイート回数が0であるため
骨折して入院をしていたと聞いて納得。

■おわりに

内田裕也は樹木希林との40年間の別居以外にも
1991年には東京都知事選挙に立候補したり
2011年には交際相手から別れ話を持ちかけられて
復縁を迫ろうといして逮捕をされ
謝罪会見を行うなどロックンロールな人生。

まだまだ若く行動力のあるイメージがありましたが
内田裕也は1939年11月生まれなのでもうじき78歳。
骨折して入院もする年になったんだなぁと思うと
なんだかしみじみとしてしまう。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA