内村光良がイッテQ言及。出川哲朗や宮川大輔も言及

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

内村光良がイッテQ言及。
出川哲朗や宮川大輔も
同じくイッテQ言及を
その少し前にしていました。

イッテQのやらせ疑惑について
出演者の声が届いている形に…。

今回は内村光良や出川哲朗、
宮川大輔のイッテQ言及について
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■イッテQのやらせ疑惑

そもそもの発端は
2018年5月20日放送の
「イッテQ」の放送です。

イッテQの名物企画
「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」
という企画が放送されました。

しかしこの企画について
2018年11月8日発売の
週刊文春にてやらせ疑惑が。

イッテQによると2018年4月8日に
ラオスの首都ビエンチャンで
行われた「橋祭りinラオス」という、
自転車で橋に見立てた
25メートルの坂を渡り
スピードなどを競う競技がある祭りと説明。

しかし文春によるとそもそもこの祭りは
日本のテレビ局から撮影セットの
設計図及びスケジュールが送られた、
参加者に賞金が与えられた等と
現地の人物が証言したと報じます。

日本テレビは文春の発売日である
2018年11月8日に以下のように見解を発表。

「今回の企画は現地から提案を受けた」
「番組で企画した事実はない」
「賞金を渡した事実もない」

(会場で初めて開催された橋祭りを)
「毎年行われているかのような
誤解を招く表現となった」
「真摯に反省すべき点があった」

 

【スポンサーリンク】

 

■ラオス政府も介入

このイッテQのやらせ疑惑報道で
ラオス政府も動きを
見せていることが明らかに。

文春の発売日の翌日である
2018年11月9日には
フジテレビがラオス政府の関係者が
以下のようにコメントを
していると報じます。

「ラオスの祭りでも文化でもない」
「事前に知っていたら
撮影許可は出さなかった」

■出演者達がイッテQ言及

イッテQやらせ疑惑報道が
あってからはじめての
イッテQの放送となる
2018年11月11日。

特にやらせ疑惑に対する
言及はせず
イッテQは平常運転。

しかし出演者たちは
やらせ疑惑について
イッテQ言及をしています。

■宮川大輔

実際にその祭りにいった宮川大輔は
文春の直撃取材に応じ
番組制作の事情は知らないと
明かしています。

■ロッチ中岡創一

イッテQ出演者のロッチ中岡創一は
2018年11月9日にインスタを更新。
「人を不快にしたくて
やってることなんて1ミリもない」と投稿。

■出川哲朗

出川哲朗は2018年11月12日、
ニチガスの新CMに出席。
その際にイッテQ言及。

「面白いものを作りたいって
気持ちで頑張っている」

「大輔のチームもスタッフも
純粋に面白いものを
作りたいという思いだけでやっている」

■内村光良

内村光良のイッテQ言及は
SmartFLASHにて。

2018年11月8日、
文春が発売された日の夜に
FLASHは内村光良を直撃。
以下のようにイッテQ言及。

「僕は、信じています」
「スタッフや共演者を
信用していますよ」
「それしかないです」

引用:下記SmartFLASH


 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

イッテQやらせ疑惑については
内村光良や出川哲朗、
宮川大輔などがイッテQ言及。

個人的にはもし疑惑が
事実であったとしても
出演者がどうこうできる立場では
ないだろうと思っています。

そのため内村光良や出川哲朗など
好感度がかなり高い人々が
コメントをしているところを見ると
イッテQ言及をしなければいけないのは
制作サイドなのではと思ってしまいます。

文春は第二、第三の情報が
ありそうな気もしますが果たして…。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください