宇佐美貴史の嫁は誘拐されかけたことが…。なれそめがドラマチックすぎる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

プロサッカー選手として活躍をしている宇佐美貴史
嫁は中学の初恋で一度破局をするも
再開して19歳で結婚という超ドラマチックななれそめを持っていますが

そんな宇佐美貴史の嫁は
実は海外で誘拐されかけたことが…。

今回は宇佐美貴史と嫁のなれそめについてと
誘拐されかけたことについて見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■宇佐美貴史の嫁

名前:宇佐美蘭(うさみ らん)
生年月日:1991年9月17日
出身:京都府長岡京市

宇佐美貴史の嫁である宇佐美蘭は
旧姓である田井中蘭名義で
高校入学と同時に上京をし芸能活動を開始。
2010年にはキャスターとして活動をしていました。

■宇佐美貴史と嫁のなれそめが超ドラマチック

宇佐美貴史と嫁、宇佐美蘭の出会いは中学時代。
宇佐美貴史が学年が一つ下の宇佐美蘭に
一目惚れをし交際開始しますが
宇佐美貴史は大阪の高校でサッカー漬けの日々。

宇佐美蘭は上京して
東京の高校で芸能活動をするなど
一緒にいることができなくなり一度破局。

宇佐美貴史はそれでも宇佐美蘭を好きで居続け、
3年後に東京で再会。
そうして2人共19歳である

2011年6月に結婚をし、
2011年7月には宇佐美貴史がバイエルンに移籍をしたため
宇佐美蘭も渡独。
2015年12月には第一子となる長女を出産しています。
 

【スポンサーリンク】

 

■宇佐美貴史の嫁は誘拐されかけたことも…

宇佐美貴史についていき
海外生活を送っており
羨望の眼差しを受けることも多い宇佐美蘭ですが

2013年1月に自らのブログで
誘拐されかけたこともあることを話し、
魅力的な点も多いものの
怖い思いをしたこともあり、
町並みが美しいだけではないと注意喚起をしています。

一度目はミュンヘンで不審な人物がずっとついてきており
一緒に居た友人が誘拐の手口だと
感じたことで警官の所に走り事なきを得、

パリで警官を装った人物が
ポケットに何か危険なものを持っていることをアピールして
着いてこられたことがあり、

それを本物の警官に話すと
誘拐の可能性があると言われたことがあると語っています。

■おわりに

不慣れな土地で観光客のように
あまり日本人の少ない地域ですと
どうしても悪い意味で
目立ってしまうというのもあるのかもしれませんね。

なんにせよこういう誘拐されかけたという話を聞くと
不慣れな土地だとやはりある程度は
自衛しないといけないんだなと実感。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA