矢作穂香は未来穂香から改名し事務所も研音へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

未来穂香から改名し、事務所が研音所属となったばかりの矢作穂香
改名してから初めてドラマ出演をすることがわかりました。

今回はそんな矢作穂香(未来穂香)について
事務所をやめて一時芸能界から離れていた経緯と
新しい事務所・研音から復帰したことについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■矢作穂香について

名前:矢作穂香(やはぎ ほのか)
旧芸名:未来穂香(みき ほのか)
生年月日:1997年3月7日
出身:千葉県

矢作穂香は2008年、小学6年の時に
遊園地で事務所の人にスカウトをされます。
この時に姉と兄、矢作穂香がいて
姉がスカウトをされていると勘違いしていたり。

2009年にはファッション誌「ラブベリー」の専属モデルとして活動をし
2010年には映画「マリア様がみてる」で主演。
2013年にはテレビドラマ「イタズラなKiss〜Love in TOKYO」で

主人公を演じ、人気女優となり更には
中国や香港などアジア圏でも人気に。

また、古川雄輝ともダブル主演であり
ドラマの性質的に2人の熱愛を
願っているファンもかなり多かったりも。
 

【スポンサーリンク】

 

■矢作穂香が事務所を辞めた理由

矢作穂香が事務所を辞めることを
発表したのは2014年9月1日。

矢作穂香には目指している女優像があり
それに向かって日々努力をするために
今までお世話になっていた事務所をやめることにしたと
自身のブログで語っています。

「イタズラなKiss」で古川雄輝と共に
アジア圏で活躍をした経緯からか
矢作穂香の夢は世界で活躍できる女優。

そうして矢作穂香は2015年から
ニューヨークに留学をしており2016年3月に帰国。
2016年7月から本名である矢作穂香として
芸能活動を開始しています。

そうして矢作穂香は2017年4月1日には
新しい事務所である研音に所属した事を報告しています。

■おわりに

実は矢作穂香は「矢作穂香」という
自分の名前が嫌いであったという。
「穂香」の部分はニューヨークに行った時に
HoはHaの発音になるため「はのか」と呼ばれていたことと

「矢作」の苗字はたくさんの呼び方があり
「やさく」「やづくり」と呼ばれたり
変化球で「おはぎ」と呼ばれたことが理由。

しかし矢作穂香は今では
女優は苗字も一緒に育てるんだと
とある人物から言われて考えを変えて、
矢作穂香という名前と一緒に成長をしていこうと考えているよう。

未来穂香から矢作穂香に改名をして
復帰後初めてのドラマが月9の
「貴族探偵」で、10話と最終話である11話に出演。

この出演で矢作穂香はどれだけの爪痕が残せて
矢作穂香という名前をどれだけ成長させることが出来るのか。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA