山口真帆が現在は沈黙を保っていたがNGT運営会社謝罪会見時ツイート

山口真帆が2019年1月から
実に12ヶ月以上ぶりにツイート。

NGT運営会社が第三者委員会の
調査結果を経て謝罪会見をしている
まさにその時にリアルタイムでツイート。

第三者委員会の調査結果と
その対応については
かなり疑問が残るものでしたが…。

今回は山口真帆の件を受けての
第三者委員会の調査結果と
NGT運営会社の謝罪会見。
そして山口真帆の
ツイートについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■第三者委員会の調査結果

山口真帆の事件を受けて
NGT48の運営会社であるAKSは
2019年2月に第三者委員会を設置。
2019年3月21日には
NGT48のホームページにて
調査結果報告書を公表しています。

この調査結果報告者で大きく話題となったのは
グループ全41人のうち36人が
「他のメンバーがファンとつながっている」
と明かしていたこと、
そのうち12人の名前は
具体的に名前が挙がっているとされた事。

また、山口真帆は事件に関して
メンバー3人の名前を列挙しましたが
これは事件を起こした男が
「メンバーに提案されてやった」
と3人の名前をあげたため。

■NGT運営会社が謝罪をするも…

第三者委員会の調査結果報告を受け
2019年3月22日には
謝罪会見をしました。
(一応は調査報告の発表会見名義)

AKSの運営責任者兼取締役の
松村匠、NGT48の劇場支配人の早川麻衣子、
副支配人の岡田剛が出席。

この謝罪会見時に松村匠は
「管理体制やセキュリティが不十分」
「山口に事故に遭わせ、メンバーやご父兄の心に
深い傷を与えてしまったこと」
「大変申し訳ございませんでした」
として謝罪をしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■山口真帆がリアルタイムでツイート

しかしそんなNGT運営会社の
謝罪会見時、山口真帆が
2019年1月から実に
2ヶ月半以上ぶりにツイート。

山口真帆のこのタイミングでの
ツイートは事実であるとするなら
物凄い効果的。
まさにこのタイミングを
待っていたというか。

確かになぜ山口真帆が
2019年1月10日のNGT48での公演時に
謝罪をするのか疑問の声が
挙がっていましたが…。
 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

山口真帆の上記の
リアルタイムツイートについて
テレビ新潟が松村匠に質問。
このことについて松村匠は
以下のように答えています。

「事実ではないことが
あるなということを実感」
「(謝罪は)要求しておりません」

また、3人は事実確認えおせず
山口真帆の思い込みであるかのように
説明をしたというツイートに関しては
以下のように反応をしています。

「精一杯コミュニケーションを
取ってきたつもり」
「そういう指摘を受けるということは
不足しているなと思います」

しかしこうなると
「つながっているメンバー全員解雇」
などは言った言わないの
問題になってしまいそう。

具体的にファンとつながってると
されているのが12人いるわけですし、
最初は解雇するつもりが
予想外に多すぎたので
方向転換ということなのでしょうか。

ここで山口真帆が松村匠の発言を
録音しているなり
メールやLINEでの発言なら
スクショを撮るなりすると
更に事態は動きますが…。

スクショならともかく、
録音はそう簡単にはしてないでしょうし。

…ちなみに2019年3月23日から31日の
NGT48劇場のスケジュールが
決定したばかりですが、
全て休館。全て休館です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください