山本裕典が契約解除の理由を現在明かしていた…フライデーされたのとは無関係か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

仮面ライダーカブトでデビューをし
人気であった俳優の山本裕典

2017年3月に突然契約解除をされましたが
女性問題などをフライデーされたからでは
などと報じられていました。

しかしどうやら山本裕典が現在語ったことによると
フライデーとはあまり関係がなかったようです。

今回は山本裕典の契約解除報道時の経緯と
現在語った真相についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■山本裕典の契約解除報道とフライデー

山本裕典が所属事務所から
契約解除報道をされたのは2017年3月21日。

所属事務所が山本裕典が契約内容に違反したと考え
弊社の考える基準に至らなかったため
契約解除することにしたと発表。

実は山本裕典は女性問題について
数多く報道されています。
2010年にはAKB前田敦子との交際報道や
同年に一般女性とのお泊りデートをフライデー。

2014年9月には再度フライデーされ
この時はブログ上で騒動を謝罪。

2017年1月には地下アイドルと思われる人物を
お持ち帰りしているのをフライデーされ
お相手とみられる人物も契約解除をされていたり。

そのため契約解除の理由は
度重なる女性問題を
フライデーされたためではないかと言われていました。

所属事務所は法的に問題になるような
違反をしたわけではないとは語ってもいましたし。
 

【スポンサーリンク】

 

■山本裕典が現在語った契約解除の理由

2017年5月23日には女性自身が
山本裕典に直撃取材をして
契約解除の真相を取材しています。

そして女性自身の取材によると
山本裕典の契約解除の理由は
副業としてバーを経営していたため。

場所は六本木通りの麻布にあり
親友と共同出資で経営をしていたとのこと。

山本裕典は名前を貸せば客が来てくれるため
親友に名前を使っており、
経営資金も出して任せていたという。

副業でバーを経営していたことは
貸したお金は返してもらい、

給料も発生していなかったため
悪いことだとは思っていなかったので
事務所には報告しておらず。

現在は事務所から契約解除をされたため
飲食店を何店舗か経営しており
給料も発生しているとのことです。

■おわりに

山本裕典は親友のバー経営に名前とお金を貸して
それを事務所に言ってなかったために
契約解除ということになったようです。

山本裕典は事務所ともケンカ別れではないと語っていますし
しばらくしたら芸能界に復帰はあるのかもしれません。

さすがに契約解除されたばっかりの現在では
芸能界復帰かこのまま経営者か
決めあぐねているようですけれども。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA