山尾志桜里の弁護士相手のスキャンダルの文春砲での詳細が凄い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2017年9月9日の週刊文春砲Liveにより
山尾志桜里議員の弁護士相手のスキャンダルの
詳細が報じられました。

今回はそんな週刊文春の文春砲により
発覚した山尾志桜里議員の不倫疑惑相手の
倉持麟太郎弁護士とのスキャンダルについて見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■山尾志桜里の弁護士相手のスキャンダルについて

山尾志桜里議員が不倫疑惑相手の倉持麟太郎弁護士と
週に4回ほど2人で会っていたことを
週刊文春が2017年9月6日に前日予告で、
2017年9月7日に本誌発売で報じました。

この文春が報じたスキャンダルにより
不倫疑惑について双方は否定をしたものの

山尾志桜里議員は幹事長に
内定をしていたものの無役となってしまいます。
そして会見を開いて民進党を離党となりました。

また、2017年9月8日に
「モーニングショー」で
倉持麟太郎弁護士の嫁に直撃取材をし
一過性の脳梗塞の前触れが出ていたので

倉持麟太郎弁護士の勧めもあって
療養するために子供をつれて2017年8月中旬から
2017年9月2日まで実家に帰っていたことが明らかに。
 

【スポンサーリンク】

 

■山尾志桜里のスキャンダルの文春が明かす裏側

週刊文春が張り込みをし始めたのは2017年8月25日。
完璧に山尾志桜里議員を見ていたわけではないため
誌面では週4回会っていたと書いてましたが
それ以上会っていた可能性もあるとのこと。

元々倉持麟太郎弁護士が結婚をしていることは
張り込み時点では知らず。

一度も結婚指輪をしていなかったため
もしかして独身で単なる熱愛なのではと
疑心暗鬼の中で取材をしていたよう。

ちなみに一度ばったりと遭遇してしまい
それ以降は警戒をされてしまったとようです。

参考:週刊文春デジタル

■おわりに

週刊文春はまだ山尾志桜里議員について
誌面では語っていないこともあるとし
第二、第三の矢の存在を示唆。

今後更なる続報が週刊文春にてあるのかが気になる所。
週刊文春以外も調べ始めるでしょうし
山尾志桜里議員はこの難局を無事に乗り切れるでしょうか。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA