弥吉淳二は入院を過去にしていた。現在は闘病の末なくなる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

椎名林檎の元夫である弥吉淳二
現在は約二年半の闘病の末に
入院先の病院でなくなったことが
所属事務所により明かされました。

弥吉淳二は現在まで
多くのサポートギターを担当し、
特にaikoのライブでは
「やよっしー」と呼ばれるほど。

そんな弥吉淳二ですが実は
aikoのライブの最中に
aikoにより入院をしていたことを
明かされた過去も。

今回は弥吉淳二についてと
入院についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■弥吉淳二について

名前:弥吉淳二(やよし じゅんじ)
生年月日:1968年5月17日
出身:福岡県

弥吉淳二は1994年に松本邦彦と共に
AXXLを結成して秋元康作曲の
「抱きしめても泣き止まない」でデビュー。
1997年にはバンド名を
「stereo criminals」に改名し
1998年に解散。

その後に弥吉淳二は吉川晃司や
aikoなどのサポートギターを
担当しています。

■椎名林檎と結婚し子供も

弥吉淳二は椎名林檎と
2000年11月に結婚。

2001年7月には子供も生まれますが
弥吉淳二と椎名林檎は
2002年1月に離婚。
子供は椎名林檎が
引き取ったとのこと。
 

【スポンサーリンク】

 

■弥吉淳二は現在病気でなくなっていた

そんな弥吉淳二が
なくなったと報じられたのが
2018年1月30日。

弥吉淳二は2018年1月26日に
入院先の病院でなくなり、
所属事務所によると
闘病生活は約二年半。

弥吉淳二本人の希望で
病気は公表していなかったため
突然のお知らせとなったことを
謝罪しています。

後日東京で弥吉淳二の
お別れの会を予定しているとのこと。

■弥吉淳二は過去に入院も

弥吉淳二の病名は
現在のところ非公表ですが
実は2016年8月に入院を
していることが明らかになっています。

2016年に四ヶ月に渡って
行われたaikoの全国ツアー、
LoveLikePop vol.19の

静岡市民文化会館での公演で
そのことが明かされています。

2016年8月に静岡公演がありましたが
その2日前に弥吉淳二は
腹痛により入院をしたとaikoが説明。

弥吉淳二の入院により、
急遽昔のサポートメンバーであった
石崎光がピンチヒッターとして登場も。

所属事務所によると
弥吉淳二の病期での闘病は
二年半とのことなので
この時期は既に
闘病生活であったということに。

■おわりに

弥吉淳二のなくなられた理由の病名は
現在のところ公式では
非公開となっています。

2016年8月の入院では
腹痛とaikoが語っていたために
何かしら関係はありそうですが…。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください