米原康正はチェキカメラマンで中国で大活躍中!egg創刊にも関わっていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

編集者でありクリエイティブディレクター、
DJにそして世界で唯一のチェキカメラマンの米原康正

雑誌「egg」などの創刊に携わっていますが
現在の活躍の場は主に中国。
今回はそんなチェキカメラマン、米原康正についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■米原康正について

名前:米原康正(よねはら やすまさ)
生年月日:1959年5月20日
出身:熊本県

米原康正は1995年にギャル雑誌「egg」を創刊し
1997年に写真投稿雑誌「アウフォト」を創刊し
2000年に雑誌「Scawaii!」
2002年ごろに雑誌「smart girls」にも携わるなど
ジャパニーズカルチャーの第一線に携わっている人物。

ちなみに雑誌「nicola」の読者ページも
創刊号から担当をしていて
中学生の女の子からの悩みを聞いていたりと
生の声もたくさん聞いていたとのこと。

女性をインスタントカメラのチェキで
撮影した写真が注目されており
世界で唯一チェキをメイン機材として
活躍するアーティストとして活躍しています。

 

【スポンサーリンク】

 

■米原康正は中国で大活躍!蒼井そらが向こうで人気なのも…

米原康正は前述のように
体制の中にはいない、アウトサイダーな女子文化を
雑誌にして発信をしてきました。

そうして2009年に米原康正は蒼井そらを
アイドル的なアイコンとして台湾の雑誌に登場させると
もともとあった蒼井そら人気が中国でもさらに加速。

イタリアのランボルギーニの上海支店のパーティで
米原康正が招かれた際にゲストで
蒼井そらを連れて行くと盛り上がりが物凄くなり、
中国版ツイッターのweiboを蒼井そらはすぐにはじめ、

蒼井そらがweiboを初めて1年なのに
既に60万人もフォロワーがいたことに驚き
米原康正もweiboを始めたという。

ちなみに今は米原康正は230万フォロワー。
蒼井そらは1700万フォロワーとものすごい。

そうして米原康正はweiboのフォロワーが
10万人を越した瞬間に
weiboから協力してくれてありがとうというメッセージがきて
仕事が直接来たりするようになったという。

■おわりに

米原康正は現在中国など世界で活躍していますが
日本企業に対して少し思うところがあるよう。

中国のカルチャーを全く理解しようとしないで
ローカライズがうまくないとのこと。

例えばポスターに「Shibuya」と書いても
基本的に漢字を使う中国人にはわからないので
中国人のコミュニケーションや
生活の基礎を把握するのが大事だとしています。

政治的な記念日や中国人が嫌いな色や数字。
そのあたりは最低限押さえておくべきだと。
確かにそのあたりはあまり知らない気がします。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA