吉田真希子の女優業引退理由は料理受け付けない拒食症。川越シェフが救う

実力派女優であったものの
2009年に女優業引退をした吉田真希子
その理由は料理を受け付けない
拒食症であることが明かされました。

そしてそれを救ったのが
実は友人関係にあった川越シェフ。
吉田真希子は川越シェフの料理に救われ
その時の出来事がきっかけで
現在は料理化として活動。

今回はそんな吉田真希子の女優業引退理由が
料理が食べられない拒食症であることと
川越シェフがそれを
救ったことについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■吉田真希子の女優業引退理由は拒食症

吉田真希子の女優業引退理由となった
拒食症のきっかけは28歳の頃。
ある日テレビにうつった自分を見ると
ものすごく丸く見えて衝撃。

その結果アイスクリームだけを
口にするようになり
吉田真希子は163cmの身長に対して
体重はわずか37kg。

吉田真希子のダイエットは実は
その時が生まれてはじめて。
その際に体調を大きく崩し、

ツムラの漢方にもお世話になったと
インタビューにて明かしています。

■救ってくれたのは川越シェフ

吉田真希子の女優業引退理由となった拒食症。
自分ではツムラの漢方にお世話になり
現在も市販の風邪薬は飲めず。
葛根湯を愛用しているとのこと。

そしてそんな吉田真希子に
手を差し伸べたのが川越シェフ。
吉田真希子と川越シェフは昔からの友人で
吉田真希子を自らの店で働かないかと声をかけ
その結果料理に興味を持つように。

その出来事がきっかけで吉田真希子は
現在は料理研究家として様々な資格を取得し

毎週金曜日には完全予約制の
レストラン・東麻布Localeで
「ごはんやさん」を主宰。

また、鎌倉円覚寺佛日庵では
「お寺で料理教室〜ソイフード〜」
という料理教室を開いており、
料理研究家として多方面で活躍をしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■妹の吉田真由子もお手伝い

ちなみに「東麻布Locale」では
吉田真希子の妹も一緒に
お店を切り盛りしていると行った話も
2017年12月のインタビューで
明かされています。

吉田真希子の妹というと
「なんでも鑑定団」の2代目アシスタント
吉田真由子ということに。

吉田真由子も「なんでも鑑定団」を
卒業してから現在は
何をしているか不明でした。

しかし上記インスタのように、
吉田真希子の出張ホームパーティの
仕事にアシスタントとして
参加をしているので
現在は姉妹で料理関係の仕事を
しているということに。

「なんでも鑑定団」のアシスタント時代は
「有吉反省会」にて仕事にやる気が
無いことを反省していましたが
料理の仕事は別のよう。
 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

吉田真希子の女優業引退理由は
拒食症とのことですが、その当時は
主にブラウン管テレビが主流。

その時の構造上の問題か、
もしくは強いライトをあてるので
平面的に見えてしまうためか
実際よりも3-5kg程度太って見える
というのは有名な話。

(実際に見比べてみないと
確かなことは言えませんが)

逆に今の時代は解像度が高くなり
太って見えることはあまりなくなったものの
肌の状態も鮮明に写ってしまうので
今度はそちらの方面で
悩む人もいるのかもしれません。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください