YOSHIKIが謝罪。ジャッキーチェンとの会食で…

YOSHIKIがジャッキーチェンとの
会食で批判され炎上した件について
ツイッターにて謝罪をしました。

今回はYOSHIKIがなぜ
ジャッキーチェンとの会食で
炎上して謝罪をしなければいけない状況に
陥ってしまったのかについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■YOSHIKIがジャッキーチェンと会食

YOSHIKIがジャッキーチェンと
会食をしたとツイートを
したのは2019年6月12日。

実はYOSHIKIは前日に急遽
台湾にきたことを報告。

良いレストランが無いか
英語と中国語で話しています。
そんなYOSHIKIに対して台湾総統の
蔡英文(ツァイ・インウェン)が
反応し以下のようにツイート。

しかしこれには特に反応せず。
そのようにタイミングが悪かったためか
「YOSHIKIは台湾総統ではなく
ジャッキーチェンを取った」
という印象になってしまい炎上。

このことに対してYOSHIKIは
英語で謝罪をしています。

 

【スポンサーリンク】

 

■ジャッキーチェンとの会食の批判理由

なぜYOSHIKIが
ジャッキーチェンとの会食で
批判をされるかというと
ジャッキーチェンの政治的立ち位置が理由。

ジャッキーチェンは
中国政府よりの発言をしており
過去には以下のような話をしています。

「香港では中国政府批判のデモが多すぎる」
「規制すべきだ」
「中国返還後の香港は変わってしまった」
「香港と台湾は自由過ぎる」

「中国人は管理されるべきだ」
「法を守らせるのならば
私はその政府を支持する」

そして2019年6月9日には
香港では100万人規模の
大規模なデモが行われており
現在も抗議活動が活発です。

これは「香港で拘束した容疑者を
中国に移送可能とする
『逃亡犯条例』改正案」
を巡ってのデモ。

ツイッターなどでも連日のように
香港デモ関連の話題は出ています。

そんな中ジャッキーチェンの
取ったスタンスがこの香港デモを
「詳しい事情は知らない」
とコメントをするというものでした。

つまりは多くの人はやはり
ジャッキーチェンを
中国よりの人物だと見ています。

そんな中、やはり中国とは
いろいろな理由で仲の宜しくない台湾に行き
台湾総統ではなくジャッキーチェンと
会食をしたというのが

香港や台湾の人にとっては
思うところがあったようです。
 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

日本でも芸能人で政治に
コメントをする人は結構いますけれど
そのスタンスも一長一短。

一部の人には気に入られて
一部の人には嫌われるという立場。

しかしさすがにYOSHIKIと
ジャッキーチェンがアポ一切なしで
台湾で会食というのも考えづらい。

さすがにデモが始まる前から
予定をとりあっていたとは思いますし
炎上してからの謝罪は
正直タイミングが悪かったとしか。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください