BF5オープンβの超個人的な感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2018年9月6日17時から
オープンβが開始されたBF5

早速やってみて
ランク11程度になったので
現時点での超個人的な感想を
メモ程度に書いてみます。
*PS4版の感想です


 

【スポンサーリンク】

 

■BF5の主な変更点

BF5は今までのBFシリーズとは
様々な変更点があります。
大きな変更点については以下の通り。

■スポット廃止。
R1で地点指定になる。
通常は黄色で地点指定?
戦車などは赤色マークになる?

■弾薬の所持量が少ない。
基本的に2マガジン分?
(兵科によって違うかも)

拡張マガジンをつけても
初期弾薬数は変わらず。

倒した敵兵が落とす弾薬を拾う、
拠点に有る弾薬ステーションから入手、
援護兵の弾薬箱から入手などで
弾薬が補充できる。

■ヘルスが自動で全回復しない。
看護兵から回復を受けるか
包帯をヘルスの
補給ステーションか
看護兵から手に入れて

手動で包帯を使うことで
全回復出来る。

■ビークルも弾薬が有限に。
弾薬を補給するには
ビークル補給ステーションで
修理・補給が出来る。

■兵士が設置の医療箱、
弾薬箱はクールタイムがある。
以前のように箱の近くで
ガジェット補給して
爆発物合戦が出来ないように?

箱の近くにいるだけでは補給されず
タゲらないといけないため
どこにあるかをこれまた目視必須。

■分隊長がスコアに応じて
支援を要請出来る。
救援物資・重戦車、
ロケットの3種類。

PS4版だとなれないためか
スムーズに支援要請できない。

L1+R1同時押しのため
グレネードを足元に投げて
自爆しかけました。

2018年9月9日追記

R1はピンポイントで
敵の兵士や乗り物に
向かって押すと
赤いマークがしばらくつく様子。
ただしマークは移動しない。

後建築の事を書くの
すっかり忘れてました。
建築はコントローラーの下を押すと
ツールボックスを持ち、
建築できる所が半透明になり
近づいて使用すると建築可能。

コンクエ等だと場所によっては
壊さない限り完全に
通路の一つを塞ぐこともできる所が
あったりしますが

当然味方も通り抜けられず。
その状態で取られた時に取り返すのが
苦労するので一長一短な気もしますが

攻守がはっきりしたルールなら
防衛側ならぜひとも建築しておきたい。

また、基本的に一人1個まで
包帯を持つことが出来て
上で長押しで消費することにより
ヘルスを全回復できます(徐々に)

リスポンしたばかりのときは
所持数が0なので
とりあえず補給ステーションに走り
包帯を持ち、弾薬を補充する一手間が。

ポーチ系は前作みたいに
地面に適当に置いて拾えないですし
弾薬箱・救急箱も

欲しい人がわざわざ箱の前に行き
操作をして拾わないといけなかったりと
いろいろ一手間が増えた。

衛生兵、援護兵は
誰がポーチ必要なのか
どうやって判断すればいいのか…。

判断できたとしても
わざわざ相手をセンターに納めて
投げなきゃいけないのはかなり面倒。

後は微妙な所として、
乗り物から降りようとしてから
実際に降りるまでかなりのタイムラグ。

飛行機からパラ降下しようとするも
思ったより時間がかかり
歩兵の戦闘エリア外で降りてしまい
敵前逃亡扱いとかありました。

また、敵が乗り捨てた
装甲車などを使って
敵地に突っ込みすれ違ったら
降りて交戦しようと思ったら

やはり思ったより遠くで
降りてしまい
普通に向こうは構えてて
うちまけるなども。

追記おわり
 

【スポンサーリンク】

 

■兵科ごとの個人的な感想

他にも細かいところが
変わっていました。
発砲時に赤点が出ない上に
スポットの廃止、

斥候兵偵察兵)の初期装備が
スポットフレアでないため
全体的に赤点がマップには出ないため
目視の重要性が上昇。

使用兵科は突撃兵>衛生兵=援護兵>斥候兵。
まだ様々な装備を使ってないので
何とも言えませんが
現時点での感想は以下の通り。

■突撃兵
メイン武器がレンジ問わず使いやすい。
ガジェット1が(少なくともベータで)
ライフルグレネード固定?

戦車絶対壊すマンとしては
ダイナマイトと
パンツァーファーストを
装備したかった。

■衛生兵
小隊全員をすばやく蘇生…も
思ったよりすばやくない。
復活させるのがかなりリスキー。

フルオート武器もあるので
それなりに使いやすい。
初期グレネードはスモーク。

■援護兵
マシンガンとショットガンが使える。
湧いたら近くにいる味方に
弾薬を配るのが忙しい。
建築にも強いため拠点防衛で輝く。

少なくとも今実装してる武器は
マガジンが少なくて弾幕を張れない。

■斥候兵
前みたいにライフルで一発撃って
ハンドガンで残りを
削り切るというのは威力の低下で
ちょっとやりづらくなった印象。

斥候兵はそこまでやってないので
正直何も言えない。

 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

少なくともオープンβだと
赤点がものすごく出づらいためか
前に出る人が今まで以上に少ない印象。

しょうがないから前に出るものの
そのような状況で輝くスモークが
現在は突撃兵だと炊けず
前に出るのがなかなか厳しい。

衛生兵で突撃するのも
ありっちゃありですけど。

そして前線で3,4人倒すと
大体弾切れになってしまうという。
敵の装備を拾ったりしないと
いけなさそう。

分隊員や周りのメンバーが
回復や弾を配ってくれない場合、
補給ステーションまで
戻らざるを得なくテンポが少々悪め。

また、復活も近くに看護兵や
分隊員がいない場合は
蘇生を諦めなくてはいけませんが
その時間もちょっと長い。

一番アレなのは、今回は
蘇生が不可能になってから
リスポン可能時間の
カウントが開始されるので

2-3m近辺に看護兵がいて
安全圏だったものの
蘇生を待ってもスルーされた場合、
前線に戻るまで
ものすごい時間がかかること。

後は乗り物の初期感度が物凄くやりづらい。
かといって乗り物の感度チェックは
何度も出来るほど自由に乗れませんし。

BF5に射撃演習場があれば良いんですが…。
BF1にも結局なかったしなさそうだなぁ。

2018年9月9日追記

武器は基本的に
アップグレードした方が強い。
…がツリー性であるため
色んなアップグレードの武器が欲しいなら
複数買わなければいけません。

また、サイト等は
アップグレードではなく
カスタマイズ画面で変更ですが

少なくともSTG-44は
リフレックスサイトが
逆に視認性が悪かったのがガッカリ。
結局アイアンサイトに戻る。

後は突撃兵だけではなく
今の所全兵科ガジェットが1枠固定。

突撃兵はグレネードライフル
衛生兵は包帯ポーチ
援護兵は弾薬ポーチ
斥候兵は望遠鏡。

コンバットロールで
変わるのかもしれませんが
ちょっと自由度が無いなぁと。

衛生兵、援護兵のそれぞれのポーチは
兵科ごとの役割を考えると
固定でもまだ納得はいきます。

ただそれなら斥候兵の望遠鏡は
回数制限あるとはいえ
スポットフレアで良いですし
突撃兵のグレネードライフルは
パンツァーじゃダメだったのかなぁと。

今回は建築があるので
それを吹き飛ばすために
グレネードライフル使ってねって
事なのかもしれませんけど、
少なくとも土嚢は壊せない。

兵科ごとに役割をさせたいなら
土嚢壊せるかパンツァーにしないと
ダメじゃないの…?

斥候兵の望遠鏡は使おうと思うと
分隊員と離れた位置が
適正距離になりがちなのがチョット。

正直今の状況だと
望遠鏡を中距離ぐらいで使ってると
STG-44に普通にうちぬかれます。

BF1の望遠鏡みたいに
物陰に隠れながら
使えるならまだしも

ふっつうの望遠鏡なので
ライフル構えた方が
いいんじゃ?って
何回も思ってしまう。

なんというか、
BF1はカジュアルでしたが
BF5は競技性を意識したのか
ハードコアな感じ。

最大64人での戦いですし
人数多いゲームでカジュアルでなく
ハードコア寄りにするのは
同程度の熱量を持った人が
集まりづらいと個人的に思います。

ハードコアは少人数モードで
良いと思うんですよね。

一部ではスポットがない、
敵を倒したら弾薬が出る、
分隊蘇生があるなどの要素から

システムの根幹はバトルロワイアルを
ベースとして考えてるのではと
言われていましたが
そう言われてしまうと納得。

PUBGやフォートナイトの名前を
最近は結構聞きますし。
追記おわり



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください