ベイビーレイズJAPAN解散発表。理由は目指す方向がズレたため

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2012年5月に結成した
5人組アイドルグループの
ベビレことベイビーレイズJAPAN

2018年7月25日に、
2018年9月24日で
解散をすることが発表されました。

解散理由はベイビーレイズJAPANの
スタッフとメンバーの
今後目指す方向が
ズレたためであるとしています。

今回はベイビーレイズJAPANの
解散についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■ベイビーレイズJAPANについて

ベイビーレイズJAPANは
2012年5月にベイビーレイズとして結成。
2012年9月26日に
シングル「ベイビーレイズ」で
CDデビューを果たします。

また、その少し前に
ベイビーレイズのファンの呼称は
「虎ノ門ガーディアン」
略して虎ガーと決定。

2013年上半期のNHKの朝ドラ
「あまちゃん」の劇中に登場する
架空のアイドルグループが歌唱する
「暦の上ではディセンバー」を
ベイビーレイズの5人と
声優・水瀬いのりの6人で歌い
ベイビーレイズは注目を浴びます。

ちなみにあまちゃんの主演は
能年玲奈こと「のん」。
ベイビーレイズと同じく
レプロ所属です。

2014年までに武道館公演が出来なければ
ベイビーレイズは解散という
公約を掲げていましたが

2014年9月には
「一万人の署名を
集めることが出来たら
日本武道館開催決定」
というミッションをクリア。

2014年12月18日に無事に
日本武道館でライブを開催。
この時にベイビーレイズから
ベイビーレイズJAPANに
グループ名が変更されました。
 

【スポンサーリンク】

 

■ベイビーレイズJAPANの解散理由

ベイビーレイズJAPANが
解散発表をしたのは2018年7月25日。

解散の理由については、
ベイビーレイズJAPANが2017年に
結成五周年を迎え、

2017年12月14日に女性限定公演
「乙女にくびったけ!」
2017年12月20日に会員限定公演
「虎ガースパイラル」
そして2017年12月28日に
「僕らはここにいる!」の

3週連続野外ワンマンライブを終えた時の
話し合いにあったとしています。

上記のライブを終えた後、
ベイビーレイズJAPANは
スタッフとメンバーで
今後の活動について話し合いました。

そして何度も話し合った結果、
今後は全員で同じ方向を向いて
活動することが出来ないと発覚したために
メンバー、スタッフ全員で
解散という選択をとったとのこと。
 

【スポンサーリンク】

 

■ラストライブは2018年9月24日

ベイビーレイズJAPANは
解散を発表しましたが
ラストライブは2018年9月24日と
わずか二ヶ月後。

場所は野外の
「山中湖交流プラザきらら」
交通のアクセスは悪いものの
富士山を背負ったステージ。

こちらはベイビーレイズJAPANの
ステージではありませんが
2017年9月に行われた
野外フェスティバルの時の画像。

地図で見ると以下のように
なっています。

■おわりに

ベイビーレイズJAPANの解散理由は
目指す方向がズレたとの事ですが
解散発表からわずか2ヶ月で
ラストライブというのはかなり急。

ベイビーレイズJAPANは
2018年7月11日に
2018年5月6日の日比谷野音
ワンマンブルーレイを
2018年8月1日に3000円で
発売をすると発表したばかり。

あまりの安さに
ベイビーレイズJAPANファンに
衝撃が走っていましたが
まさかその発表の約二週間後に
解散発表があるとは…。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください