いきものがかりが集牧宣言!活動休止理由説いくつかを吉岡聖恵が否定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2017年1月に放牧宣言をして
活動休止をしたいきものがかり
活動休止期間がおよそ1年と10ヶ月になった
2018年11月に集牧宣言をして
活動再開を発表しました。

今回はそんないきものがかりの
活動休止理由の説を
吉岡聖恵が否定したことや
放牧中の吉岡聖恵について
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■いきものがかりの活動休止と再開

いきものがかりが活動休止をしたのは
2017年1月5日のこと。

グループ名になぞらえて
「放牧宣言」とし、
いきものがかりはグループとして
活動休止をしした。

解散自体は否定をし、
活動休止期間は
吉岡聖恵らメンバーそれぞれが
ソロで活動をするといった事、

いきものがかりの解散説についても
「3人が帰ってくる場所」として
否定をしています。

そして2018年11月2日には
「集牧宣言」としていきものがかりが
グループとして活動再開。

活動再開日は結成記念日でもある
2018年11月3日と、
かなり急な発表になりました。

また、2018年11月2日には
20時からJ-WAVEにて
いきものがかりが生出演をし
活動再開などを報告します。


 

【スポンサーリンク】

 

■活動休止理由について吉岡聖恵が…

いきものがかりが
放牧宣言として活動休止をしたことにより、
活動休止理由については
いくつか説が流れていました。

代表的なのが、活動休止の1年前の
2016年3月13日放送の
「おしゃれイズム」での発言。

この時に吉岡聖恵ら
いきものがかりの3人が揃って出演。
方向性についてトークをしますが
以下のような状況でした。

「年1度は3人で食事する」
「最初は静か」
「結婚報告をしても(他の)2人の
反応があまりなかった」
「プライベートはあまり仲良くない」

そのようにプライベートは
仲が良くないと本人たちが発言。
そのため活動休止理由は
不仲だからなのでは、という説が。

しかし2018年3月には週刊女性が
吉岡聖恵に直接、活動休止理由は
不仲だからなのでは
ないかという質問を直撃。
しかし吉岡聖恵は
以下のように答えています。

「メンバーとも連絡は取り合っています」
「気遣っていただき
ありがとうございます」

 

【スポンサーリンク】

 

■吉岡聖恵ら3人のソロ活動

いきものがかりの活動休止中は
3人ともそれぞれソロ活動をしています。

リーダーの水野良樹は
多くのミュージシャン、
例を挙げると平原綾香に
楽曲「Smile Song」などを提供。

ギターの山下穂尊は2017年11月に
「いつでも心は放牧中」という
エッセイを出版。

吉岡聖恵は2018年10月24日に
はじめてのソロカヴァー・アルバム、
「うたいろ」をリリースしています。

ちなみに吉岡聖恵は
かなり以前から夏にカバーアルバムを
出すと言われており
時期こそずれましたが
カバーアルバムは確かに
発売されたということに。

■おわりに

吉岡聖恵は活動休止中に
ソロカヴァーアルバムを発売。

個人的にそのことで連想したのは
いきものがかりが
メジャーデビューをした
代表曲といえる「SAKURA」。

2001年からクリスマス前後に
放送されている小田和正が
メインである音楽番組、
「クリスマスの約束2006」にて
2006年にメジャーデビューをした
いきものがかりが出演。

出演の経緯は、SAKURAは
JRのCMで流れていて
小田和正がそれを聞いたところ
とても印象に残ったので
出演をしてもらったとのこと。

この時にSAKURAを
いきものがかり、小田和正が歌唱。
その音源をどこかで聞いて
ものすごく良かったと思ったんですよね。
残念ながら発売していないようですけれど…。

音楽的に実力のある人物同士の
コラボというのが
個人的にとても好きでして。

同じく2009年に
発売された平井堅のアルバム
「Ken’s Bar II」に収録された、
中島みゆきの「わかれうた」を
スピッツの草野マサムネと共に
歌っているのもとても好きだったり。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください