森田童子が現在なくなっていた。アルバムなどが2016年にリマスター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ドラマ「高校教師」に
「ぼくたちの失敗」が採用され
大ヒットをした森田童子

ヒットをした時点で
既に音楽活動からは
引退をしており
2016年にアルバムなどを
リマスターしても

リバイバルブームに乗らず
沈黙を保ち続けたために
本名も非公開、実人生も
詳細は不明と謎の多い人物。

そんな森田童子が
現在なくなっていることが
明らかになりました。

今回は森田童子の現在までに
判明している大まかな
ことについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■森田童子について

名前:森田童子(もりた どうじ)
本名:非公開
生年月日:1952年1月15日
出身:東京都

森田童子の実人生について
現在の所明かされている
情報はとても少ない状態。

森田童子は1952年に
東京にうまれ、高校時代には
ラジオでサイモン&ガーファンクルを
聴いており1970年に高校中退。

1972年夏に友人がなくなったのを聞き
それをきっかけに
歌い始めたというのが
現在判明している森田童子の
実人生のほぼ全て。

1975年10月には
「さよなら ぼくの ともだち」
でデビューをしていますが
これも実際に友人との別れを
歌ったものではなく、
以下のように語っていたとのこと。

「こんな風に
別れられたらなぁという願望」

「その願望を歌って
それを青春として思い込む」

基本的に森田童子の歌は
思い込みであると語っていたとの事。

そうして1977年6月には
東京で初めてコンサートを行うも
引退宣言をせず1983年には
音楽活動を休止しています。

その後森田童子は
主婦として暮らしていたとの事。
 

【スポンサーリンク】

 

■ぼくたちの失敗で森田童子の名前が広く知られる

森田童子はもともと
人前で歌うつもりがなく
有名になることは断固として拒否。

本名は現在も不明であり
人前では黒いサングラスを
外したこともなく、謎が多い人物。

サングラスを外した素顔は
フランスの女優、
イザベル・アジャーニに
似ているともされてはいる程度。

名前が大きく知られたのは
既に森田童子が引退をしている
1993年1月のドラマ「高校教師」の
主題歌として1976年発売のシングル
「ぼくたちの失敗」が使われたため。

ちなみに2003年1月に
「高校教師」の新作が放送され
やはり森田童子の
「ぼくたちの失敗」が
使用されています。

なぜ森田童子の歌が主題歌として
採用されたかについては
ドラマのプロデューサーと
脚本家が打ち合わせをしている時に

「森田童子」の名前が出てきて
聞き返すと世界観がドラマと
しっくり来たために採用。
 

【スポンサーリンク】

 

■森田童子が現在なくなっていた

そんな森田童子が2018年6月11日に
なくなっていた事が報じられます。

2018年4月24日になくなったことで
なくなった原因などについては不明。

ただし2010年には森田童子は
とても親しかった人との
唐突な別れと森田童子自身も
病気を患っており
「手紙すらかけないほど憔悴」
をしているとも語られていました。

■2016年にアルバムを出すも…

森田童子は2016年には
リマスターのアルバム全集が
発売され話題に。

このタイミングで
アルバムを出すというのも
謎なタイミングではあります。

■おわりに

森田童子は謎が多い人物。
何故このタイミングで2ヶ月前に
なくなったのが発覚したか
疑問に思っていましたが

2018年8月31日公開の映画
「SUNNY 強い気持ち 強い愛」では
森田童子の「ぼくたちの失敗」が
劇中で使用されるから
なのかもしれません。

1990年台に流行った
音楽を盛り込んでおり
小室哲哉が音楽を
手がけることでも話題に。

こちらで森田童子の
「ぼくたちの失敗」を
使用するためその関係で

やりとりをしていたら
現在なくなっていたのが
発覚という経緯の可能性も。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください