清水依与吏が嫁と結婚し子供もいる事をフライデー。小島和也も結婚報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

バックナンバーの清水依与吏が
実は嫁と結婚をしていることがフライデー。
その報道を受けて
正式に清水依与吏は
嫁と結婚をし子供をいる事を発表。

また、フライデーには
書かれていませんでしたが
小島和也も嫁と結婚していたことを
報告しています。

今回は清水依与吏が
嫁と結婚したことを
フライデーされたことと
小島和也の結婚について
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■清水依与吏が嫁と結婚をフライデーされる

清水依与吏が嫁と
結婚していたことを
フライデーされたのは
2018年11月16日。

フライデーによると
清水依与吏は2014年に地元である
群馬の女性と結婚。

既に子供もおり、
清水依与吏は嫁と子供と
家族でドライブに行った姿も
フライデーされています。

また、それに伴い
清水依与吏は2018年11月15日に
公式サイトにて
清水依与吏と嫁、子供(息子)が
いることを正式に発表。

嫁と結婚し子供がいる事を
公表していなかったのは

楽曲を大事にしているため
プライベートを話すことは
美学に反するため。
そして何より聴く人に余計な
先入観を与えることを避けるため。

しかし今回清水依与吏が
フライデーされたことで
驚かせたことなどについて
謝罪をしています。

参考:フライデーデジタル
 

【スポンサーリンク】

 

■嫁と結婚を隠していたのはバンド名の由来理由?

ちなみにバックナンバーの由来は
清水依与吏が好きな女性を
バンドマンに取られたというもの。

振られた自分は彼女にとって
過去の男で型遅れ、という思いから
つけたとしています。

そのため見返してやろうという
思いもあるとして
「バックナンバー」とつけたのは
有名なエピソード。

そのような由来が広まっているため
清水依与吏が嫁と結婚し
子供もいるという情報は
失恋ソングなどは確かに
余計な先入観と言えそうです。

ちなみに2017年2月には
清水依与吏はバックナンバーという
バンド名について
以下のように語っています。

「初めて組んだバンドの名前はみんなダサい」
「だって、back numberがダサい」

「以前は『ランブルソウル』っていう
バンド名で活動していて」
「ダサいでしょ?」

 

【スポンサーリンク】

 

■小島和也も結婚していた

清水依与吏が嫁と結婚、
そして子供もいることを
フライデーされ結果的に公表。

そうして同じくバックナンバーの
小島和也も結婚をしていたことを公表。
結婚を隠していたのは
清水依与吏と同じ理由。

■おわりに

ちなみにバックナンバーの
清水依与吏と小島和也が
それぞれ嫁と結婚をしていたことを
報じたのは日刊スポーツで下記のタイトル。

タイトルだけ見ると
清水依与吏と小島和也の
二人が結婚したのかと思って
びっくりしました。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください