DMCA悪用で艦これが被害に。運営は必要な対応にあたると発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人気ブラウザゲーム、
艦これの公式ツイッターが
突如として凍結。

この理由がDMCAの悪用による
被害だと発覚しました。

今回はDMCAについてと
艦これはどのように
被害を受けたかについて
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■DMCAについて

DMCAとはデジタルミレニアム
著作権法のこと。簡単に言うと

「著作権を侵害するコンテンツを
見つけたから
ツイッターやグーグルの
検索結果から除外」

といった使い方をするのが
本来の使用法。

これは申請する人間は
著作権所有者本人、
もしくは代理人に限るとされており
実際に申請するときにも
報告フォームには

「虚偽の申請をした場合
訴訟になることもあり、
実際に過去にそういった事例もある」

ときちんと書かれており、
本名の記入欄などもあります。
DMCAにより検索結果から
除外申請を受けた場合は

自社サイトを持っている人なら
ほぼ必須の「Search Console」という、
Googleが提供している無料SEOツールに
通知が来ます。

■DMCAを受けたページ

では実際にDMCAを
受けるとどうなるのか。
検索画面に以下のような
文言が発生します。

このようにして検索結果から
除外をされますが
異議を申し立てることもできます。
 

【スポンサーリンク】

 

■艦これツイッター凍結はDMCAの悪用被害

2018年2月22日19:00現在、
艦これツイッターは凍結中。

実際にDMCAの申請を
閲覧できるサイトのLumenを見ると
実在の法律事務所の名前などで
2018年2月18日から22日かけて申請が
5連続であります。

こちらがそのサイトにて
艦これ公式ツイッター
(https://twitter.com/KanColle_STAFF)を
検索してみた結果のスクショです。

艦これはDMMのコミュニティーで
アイコンの画像を
自身が描いたものだとして

DMCA著作権侵害ということで
ツイッターアカウントが
凍結されたことを報告。

これを受けて艦これの運営、
DMM、KADOKAWAは協力をして
今後対応にあたっていくとのことです。
 

【スポンサーリンク】

 

■DMCA異議申し立て中か

DMCAは本来の目的は
あくまでも著作権保護。

しかし今回の艦これが
悪用被害を受けたように
検索結果から不当に削除を
されてしまうなど、
完璧なルールではありません。

そのため検索結果から
除外を受けたとしても
前述のようにサーチコンソールから
異議申し立てをすることができます。

そして意義が認められれば
検索結果から復活をしますが、
これもすぐではありません。

問題なのは、
検索結果から一時的に除外をされると
復活をしたところで

傍から見るとその時点で
一般ユーザーとしては
アウト扱いされてしまうんです。

今回の艦これ程大きいものだからこそ
ここまで大きく話題になり
艦これが正しそう、
艦これはDMCAの悪用被害者だと

認知をされていますが、
それほど大きくない
コンテンツの人だと

DMCA被害者であっても
まるで侵害をした人かのような
印象を受けてしまうんですよね。

実際自分が好きなゲームの
原画家のツイッターアカウントも
DMCA申請かは不明ですが
凍結されたことも…。

■おわりに

こういうのはホント難しい。
DMCAのルールも
もう少しなんとかしないといけませんが
必要なものであることは確か。

しかしDMMは2018年2月21日に
成人向け事業を
分社化するとしています。

そんなタイミングで
ブラウザゲーで大ヒットしている
艦これへのDMCA悪用被害となると
本気で対応をしそう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください