ドン荒川は現在なくなっていた。エピソードの数と質が物凄い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

前座の力道山とも呼ばれた
数々の伝説的なエピソードを持つドン荒川

現在はすでになくなっていることが
総合格闘技「HERO’S」の
総合プロデューサーなどである
上井文彦のフェイスブックにより判明。

今回はドン荒川の現在までの近況についてと
エピソードについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 


■ドン荒川について

名前:ドン荒川(ドン あらかわ)
本名:荒川真(あらかわ まこと)
生年月日:1946年3月6日
出身:鹿児島県出水市

ドン荒川は中学生時代は柔道に打ち込み
高校時にはレスリング部に在籍。

アマチュアレスリングの大会で
ドロップキックをして
反則負けをするという伝説を残し
1972年には新日本プロレスに入門。

前座戦で活躍をし笑いを取る
「ひょうきんプロレス」で有名になり
前座の力道山とも呼ばれるほどに。

ちなみに後述しますが
ドン荒川は人脈がとても広く、
人脈で飯を食っていると語ってもいました。

■ドン荒川の現在までの近況

ドン荒川は2012年2月に
プロインタビュアーの吉田豪により

その数年前に交通事故に遭ってしまい
歯も入れ歯になり
障害者手帳を持っていることを
明かされています。

また、引退後は出張整体師を
していたという話も。
こちらは確証が取れず、
あくまでも噂レベルですが。

■ドン荒川がなくなっていたことが明かされる

ドン荒川がなくなっていたことが
発覚したのは2017年12月2日の
上井文彦のFacebookにて。

上井文彦は新日本プロレスリング執行役員や
総合格闘技「HERO’S」
総合プロデューサーなどを歴任し
現在はSTRONG HISTORYの
プロデューサー。

そんな上井文彦のブログによると
2017年にドン荒川に
雑誌の取材の仲介をしていたものの
取材当日にドン荒川の息子から

ドン荒川は現在取材が
できる状態ではないとされ
取材を断られ、その後も
連絡を取るも繋がらず。

2017年12月1日21:30に
ドン荒川が2017年11月2日に
なくなっていた事を
知らせる電話が入ったという。

ドン荒川がなくなったことについて
みちのくプロレスの
公式ツイッターアカウントも
ドン荒川のエピソードを交え
冥福を祈っています。
 

【スポンサーリンク】

 


■ドン荒川のエピソード

ドン荒川の人柄がよく分かる
主なエピソードはこちら。

■ドン荒川は
当時のメガネスーパー社長の
田中八郎と親交があったため

1990年にメガネスーパーが
スポンサーとなって作られた
プロレス団体SWSの旗揚げに参加。

1992年に崩壊をするも
ドン荒川だけは社員として残った。

■ドン荒川は多摩川で
ジョギングをしていた時に
勝手に巨人軍の練習に参加をし
長嶋茂雄とも仲良くなった。

■中曽根総理とも交流があり
その話を信じなかったため
その場で電話をした。

■宿泊していた場所の風呂を
覗こうとして崖に落ちかけた。

■米軍の幽霊が出る
ホテルがあると言い
ハーフのプロレスラーに
軍服を着せて枕元に立たせた。

■新日本プロレスから
長州力たちが大量離脱した時に
武藤敬司、橋本真也の姿が無く
新日本プロレス首脳陣が落胆していた所

ドン荒川が2人を夜の店に
連れて行っていただけだった。
この話が大きくなり嫁に夜の店に
行っていたのがバレた。

この他にも様々な
選手に対するイタズラなど
数多くのエピソードを持っています。

ドン荒川のエピソードから、
一言で人柄を表すと
極度に人懐っこくいたずら好き。

■おわりに

ドン荒川は2012年2月には
80歳でベンチプレス100回やる人は
いないから早く80歳になりたい、
と吉田豪に語っていました。

まだニュースレベルで
話が出ていないため
ドン荒川のイタズラだと良いのですが…。

2017年12月2日12:00追記

スポーツ報知により
ドン荒川がなくなったと報じられました。
最近では携帯ゲームの会社の
営業部長職を務めていたとのこと。

追記おわり
 

【スポンサーリンク】

 






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA