ヒカルのVALU炎上が大問題に。ついに文春やテレビでも報じられ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人気Youtuberであるヒカル
ここ数日VALUで大炎上をしていましたが
ついに文春やテレビなどでも取り上げられるように。
今回はヒカルのVALU炎上についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■ヒカルについて

名前:ヒカル
生年月日:1991年5月29日
出身:兵庫県神崎郡

ヒカルは2016年3月に
チャンネルを開設したYoutuber。

2017年4月に祭りのくじを大量に購入し
あたりが出るかを検証し、
出なかったという動画を投稿して一躍有名に。

■VALUについて

VALUとはネット上で仮想の株式を発行。
自分自身を株式会社のように見立てて「VA」を発行。
この初期の価格はフェイスブック、ツイッターなど
影響力によって決定し、人気や優待などによって価格は日々変動。

そのVAをビットコインを用いて
他者に購入してもらうことの出来るもので、
2017年5月にリリースしたばかり。
株式とは違いビットコインでしか取引ができないのが特徴。

クラウドファンディングとは違い、
VAで支援をした上で支援額を
回収可能となったりすることで
注目を浴びていました。
 

【スポンサーリンク】

 

■ヒカルのVALU炎上について

まずは簡単に時系列を。

2017年8月9日:ヒカルがVALUに上場。
買い注文が殺到。

2017年8月14日:ヒカルがSNSで
明日バリューで動くと投稿。
VAの価値が上昇。

2017年8月15日:ヒカルが
自分のVAを全て売却。
同じ会社に属する人物らも続く形で
自分のVAを売却

2017年8月16日:
ヒカルが自社株買いの開始をツイート。

2017年8月17日:VALUがヒカルらの
対応についてという声明を発表。
1.ヒカルらのVAの売買注文を全てキャンセル。
2.一連の手数料収入は寄付。
3.今後は取引に関する新たなルール作りをする。

2017年8月21日:テレビ東京、
ワールドビジネスサテライトで
ヒカルらのVALU炎上の件が扱われる。

2017年8月22日:週間文春が
ヒカルらのVALU炎上について記事を出す。

ヒカルがVALUで炎上した理由としては
明日バリューで動く、とツイートをして
期待感を煽った上で身内とともに売り抜けたと言う所。

あくまでもビットコインでしか購入できないため
確かに法律に抵触してはいないですけれど…。

これが更に大問題になるかどうかは
優待の示唆が故意かどうかが重要であったよう。
ヒカルはスタッフのミスとしており、
あくまでも株主優待の欄に優待と書いてはいないと主張。

■おわりに

実際ヒカルのツイートの
明日バリューで一気に動くというのは

具体的には何も言っていないため
期待していたのとは真逆の方向であったとしても
嘘は言っていないんですよね。

とはいえこのようなことをして
ヒカルに何の得があったのかが本当に謎。

法律に抵触していないとは言え
損する人が大勢出るので
炎上するのは簡単に予想出来ると思いますが…。
Youtuberは人気商売なので
信用を失うのはかなり痛いような。

ちなみに奇しくも2017年8月15日には
麻生金融相は記者会見でVALUの広がりに対して
「消費者保護と新しいものを育てることの両方を考える必要がある」と
答えていました。

そのように注目度が高い今、
VALU炎上は徹底的に追求されそうな気もします。
VALU自体は良い仕組みだと思うので
問題の出ないようにルールをなんとか作って欲しい所。

2017年9月4日22:20追記

ヒカルらは2017年9月4日に無期限活動休止。
所属するチームである
「Next Stage」も解散することになりました。

また、ヒカルらは謝罪動画をYoutubeに投稿しています。
動画内ではヒカルが黒髪になっています。

追記終わり

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA