北海道地震(震度6強)で停電。北海道電力は復旧の見込みなしと報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2018年9月6日に発生した、
最大震度6強を観測した北海道地震

大規模な停電が起こり
北海道電力は復旧の見込みなしと
報告をしてもいることが明らかに。

台風21号で停電対策にと
ペットボトルを使った簡易ライトの
作り方などが拡散されていましたが
早速その知識が役に立ってしまうことに…。

今回は震度6強を記録してしまった
北海道地震についてと
停電について北海道電力が
復旧の見込みは
現在の所無いと報告をしたこと、

停電対策と現在表沙汰になっている
被害状況についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■北海道地震は震度6強

2018年9月6日の午前3時8分ごろに
最大震度6強の北海道自身が発生。
震源は北海道胆振地方中東部。

深さは40km。緯度・経度は
北緯 42.7度/東経 142.0度です。
また、マグニチュードは6、7。
津波の恐れはないとのこと。

ただしこの情報はあくまでも
初期段階の情報なので
北海道地震の詳細な情報は
後に多少修正されることもあります。

北海道地震の余震は何度も続き、
最大震度3以上の余震は2018年9月6日
午前5時現在までで
5回ほど起こっています。

2018年9月6日15:50追記

北海道厚真町で震度7を
観測していた事が明らかに。

こちら気象庁の会見の
ライブ動画のURLとなります。

北海道で震度7が
観測されたのは
観測史上初めて。

今後は一週間程度は
震度6強の地震に
注意をして欲しいとのこと。

追記おわり
 

【スポンサーリンク】

 

■北海道地震で停電が…

そして北海道地震では
大規模な停電が発生。
偶然函館山にいたツイッターユーザーが
停電前と停電後の画像を
ツイッターにて上げています。

他にも各地の情報が
ツイッターにて…。

北海道地震により
北海道電力柏原発は
外部電力を喪失。

現在は非常用電源で
対応をしているとのこと。

また、北海道電力は
全道的に停電をしており
復旧の見込みがないと報告。

2018年9月6日16:00追記

電力の全面復旧については
少なくとも一週間以上かかる事が
経済産業大臣の世耕弘成によって
明らかになりました。

また、柏原発の外部電源は復旧。
砂川火力発電所の1機が再稼働。
砂川近辺の停電は一部復旧。

今後の停電及び復旧の
最新情報については
上記の世耕弘成経済産業大臣の
及び北海道電力株式会社の
ツイッター等を確認するのが
確実と思われます。

追記おわり
 

【スポンサーリンク】

 

■台風21号で停電対策が拡散されていた

北海道地震の二日前、
2018年9月4日には
2018年で最強の勢力である
台風21号が猛威を奮っていました。

その際には停電時のために
ペットボトルを使った
簡易なランタンなどが話題に。

ちなみに下記ツイートの
2枚目の画像は
警視庁の災害対策課が
推奨をしていた
簡易ランタンの作り方と同一。

まさかこんなに早く
使う時期が来るとは…。

■おわりに

北海道地震により
家の中の物が散乱している
画像がツイッターユーザーにて
大量に投稿されています。

その辺りは今回は
ひとまずおいておいて、
公共の場である道路や

新千歳空港なども
北海道地震にて大きく被害を
受けているよう。

今年最大勢力の台風の直後に
今度は北海道で
震度6強の地震が来るのは
正直予想外過ぎました…。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください