本庶佑(ほんじょ たすく)がノーベル賞。オプジーボで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

かねてより副作用が少ない
がん治療薬「オプジーボ」により
ノーベル賞が確実であると
言われていた本庶佑

2018年にはついに
ノーベル賞を受賞しました。

今回はノーベル賞を受賞した
本庶佑についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■本庶佑について

名前:本庶佑(ほんじょ たすく)
生年月日:1942年1月27日
出身:京都府京都市

本庶佑は大学への進路は
悩んで決めたとのこと。

まず人に雇われるのは
むいていないということから
英語が得意なため外交官、弁護士。
そして父親の影響で
医者にも興味を持ったため
その3つで悩みます。

最終的には野口英世に惹かれて
医者になって病気の原因を
解明できれば多くの人の
助けになると思い京都大学の医学部へ。

本庶佑は1年生の時に
父の同僚である柴谷篤弘の著作
「生物学の革命」に感銘を受けて
実際に柴谷篤弘にも出会い
分子生物学の道へ。

そして本庶佑は柴谷篤弘、
父の薦めで早石修(京都大学名誉教授)の
研究室に出入りをして
基礎研究者になると決意。

1979年には大阪大学の教授、
1982年には京都大学医学部の教授に。
研究科長や学部長を歴任。
 

【スポンサーリンク】

 

■PD-1の発見とオプジーボ

1992年に柴谷篤弘は
がんを攻撃するT細胞という
免疫を担う細胞の表面に有る
「PD-1」というタンパク質を
見つけたとして発表。

PD-1は免疫反応の抑制を
担当している細胞であり
PD-1の働きを阻害することで
T細胞のがん細胞への攻撃を
通常通りに出来るとみられました。

そして2014年にはPD-1の働きを抑制する
ニボルマブ(製品名はオプジーボ)が製品化。

オプジーボは抗がん剤と比べて
がん細胞を直接なくすのではなく
人の免疫力を高め、
その結果がん細胞をなくすという
特徴をもったもの。

そのために
がんの種類も問わず、
末期でも効き始めたのなら
ずっと効いて再投与も可能であり、
副作用が少ないという利点があります。
ただし値段が高いのが欠点。

ちなみに保険適用は
非小細胞肺がん、腎細胞がんなど
7種類のがんとなっています。
 

【スポンサーリンク】

 

■本庶佑がノーベル賞受賞

そのように本庶佑は
PD-1とその働きについて発見をし、
その結果がん治療薬として
画期的な新薬が発明され
免疫療法を医療として確立。

今まではがんに対する治療は
手術、抗がん剤、放射線治療でしたが
免疫療法が第四の治療法となる
きっかけを開いたとして高く評価。

そのことからノーベル賞の
有力な候補と前々から
言われてきました。

そして2018年10月1日には
本庶佑はノーベル賞・生理学賞を受賞。

■おわりに

本庶佑はノーベル賞を
受賞したことについて
幸運な人間であるとし、
これまで以上に多くの患者を
救うことになるように
もう少し研究を続けたいとしています。

ちなみに京都大学医学部
特定准教授の大塚篤司医師は
2018年9月には
本庶佑とジェームズアリソン博士が
ノーベル賞を受賞すると予想。

この予想は見事に的中し
本庶佑とジェームズアリソンが
ノーベル賞を受賞しています。

ジェームズアリソンは
PD-1と同様の働きを持つ
「CTLA-4」という分子の
役割を解明しています。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください