星野仙一が病気で激ヤセし、なくなっていた。殿堂入りし1年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

闘将・星野仙一が
なくなっていたことが
明らかになりました。

2017年1月には星野仙一は
野球殿堂入りに選ばれて
2017年11月や12月に
「星野仙一氏の野球殿堂入りを祝う会」が
都内や大阪で開かれたばかり。

確かにその会で激やせしており
何か重篤な病気なのではと
言われていましたが…。

現在のところなくなった原因は
不明なものの球界関係者によると
がんで闘病をしていたという話が
出ており、がんである恐れが強そうです。

今回は星野仙一の病気での
激ヤセなどについてみてみましょう。

2018年1月6日追記

楽天の発表によると
2016年7月に急性膵炎(すいえん)を発症。
それをきっかけに膵臓がんに
なったとしており、
なくなった原因も膵臓がんとのこと。

確かに膵臓がんという話は
一部ではありましたがその話が
漏れていたという
ことなのでしょうか。

追記おわり


 

【スポンサーリンク】

 

■星野仙一は病気で監督を退任

星野仙一は2011年から
東北楽天ゴールデンイーグルスの
監督として就任をしていましたが

2014年5月26日には腰痛が悪化して休養。
2014年5月27日には星野仙一は
検査の結果「腰椎椎間板ヘルニア」と
「胸椎黄色靭帯骨化症」という

病気であることが発覚したため
その後も休養を続けています。

2014年7月24日に監督として
復帰をしましたが
2014年9月18日で楽天の監督を退任。
この理由はチームの成績の低迷と
病気で約2ヶ月離れていたこと
であるとしています。

そして2014年11月には楽天の
シニアアドバイザーになり
2015年9月には楽天野球団の
副会長に就任をしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■星野仙一は病気で激ヤセと…

そして星野仙一は2017年1月26日には
野球殿堂入りが決定。

2017年11月28日に都内で、
2017年12月1日には大阪で
楽天の三木谷浩史オーナーが
発起人となり

「星野仙一氏の野球殿堂入りを祝う会」
が開催されて各界の著名人が出席しました。

2017年11月28日には
星野仙一を祝うために
わざわざニューヨークから
田中将大が出席。

その時の星野仙一の姿が
激ヤセをしており
一部では重篤な病気なのではと
心配の声も上がっていました。

とはいえ現役メジャーリーガーの
田中将大と一緒に並んだら普通の人でも
細く見えてしまう気もしますが。

■星野仙一がなくなっていた

そして星野仙一が2018年1月4日に
なくなっていたことが
2018年1月6日にスポニチにより明らかに。

なくなった原因は現在不明であるものの
がんで闘病をしていたとのこと。

2017年末に体調が悪化し
ハワイで過ごす予定をキャンセルし
すぐになくなったという事に。

■おわりに

星野仙一は2008年の
北京五輪野球日本代表の
監督になっています。

そしてその時の代表である
G.G.佐藤こと佐藤隆彦が
2018年1月7日放送の

「ビートたけしのスポーツ大将」の
特別編である
「私はコレでメダルを獲りました」
にて今だから明かせる話を
するとしています。

しかし星野仙一は確かに一部では
病気なのではという話もありましたが
2017年12月の「殿堂入りを祝う会」では

少々細くは見えたものの
まだまだ元気そうに見えていました。

確かに一部では病気なのではという
話はありましたが
あくまでも噂レベルであったので
突然すぎるという印象が強い。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA