岸井成格は病気、大腸ガン再発でサンデーモーニングを再び休んでいた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

政治部記者で元毎日新聞社の主筆である岸井成格
現在はサンデーモーニングなどのテレビ番組に
コメンテーターとして出演をしています。

そして岸井成格はサンデーモーニングについて
一ヶ月近く休みを取っており

病気か何かではないかとされていましたが
大腸ガン再発のせいで休んでいたことを明かしました。

今回は岸井成格と病気での療養、
大腸がん再発についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■岸井成格について

名前:岸井成格(きしい しげただ)
生年月日:1944年9月22日
出身:東京都

岸井成格の父親は元衆議院議員の岸井寿郎。
政治家の父を持つ岸井成格は
慶應義塾大学法学部を卒業し、
1967年4月に毎日新聞に記者として入社。

熊本支局や東京本社の政治部、
ワシントン特派員などを経験して
1991年には編集委員、論説委員を兼任。

社長室委員や政治部長、編集局次長や
論説委員長を経験して
1999年には役員待遇の編集局編集委員、
2004年には特別編集委員となり
2010年6月からは主筆となっています。
 

【スポンサーリンク】

 

■岸井成格の大腸ガン

岸井成格が最初に大腸がんと
診断されたのは2007年11月。

大学時代の仲間と定期的に飲んでいましたが
顔色が悪いと言われ病気の疑いがあるということで
検診を受けてみることに。
すると進行性のガンでありすぐに入院へ。

大腸がんの治療のために
サンデーモーニングを一時的に降板して休み
2008年2月末からサンデーモーニングなどに復帰。

岸井成格は大腸がんのほうはほぼ再発しないと言われたものの
食堂の方に怪しいとのことで
2011年にはがんになったとしても

早期発見できるように
2ヶ月に1回は胃カメラを飲んでおり
CTを時々して大腸ファイバーも1年に1回はしているよう。
 

【スポンサーリンク】

 

■岸井成格がガン再発でサンデーモーニングを再び休みに

そうして2017年9月17日から岸井成格は
サンデーモーニングの休みを取っており
2017年10月8日に復帰。

グレーの帽子を被っての出演であり
休みを取った理由についてガンの治療で入院をしており
放射線や抗癌剤治療をしていたことを明かしています。

■おわりに

岸井成格は大腸がんになってから
生存率を見て生活習慣を改めています。

暴飲暴食を辞め、更にはそれまで
1日に最低60本吸っていたというタバコも
完全に禁煙に成功をしたという。

それほどまで病気にならないように気をつけても
ガンが再発してしまったんですね…。

実は2017年3月にもサンデーモーニングを
およそ一ヶ月ほど休んでおり
その時は胸をやられて入院したと語っていました。

2017年9月のガン再発のことを考えると
この時も実はガンだったのではないかと少々心配。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA