神戸教員いじめ「女帝長谷川雅代と舎弟男」顔画像名前鬼畜まとめ4人分

神戸教員

現在も炎上が止まない神戸教員いじめ。なにせ女帝である長谷川雅代とその舎弟である3人、柴田祐介と蔀俊(しとみ たかし)、佐志田英和の4人が徒党を組み同僚をいじめていたにも関わらず加害者側が表に出てきていないのです。

更には加害者認定されていない5人目もいるという説まで…。そのような情報で逆に炎上に火がつき神戸教員加害者の顔画像名前が拡散してしまっています。

今回はそんな神戸教員いじめの中心人物である長谷川雅代の所業を中止にパワハラなどの鬼畜行為や不祥事のまとめについて見てみましょう。 

2019年11月9日追記

実はデイリー新潮では加害教員4人の実名を公表。その理由は「自己防衛も必要だが実名さえ伏せられていては身を守る手立てがない」としてあえて公開。

追記おわり

 

神戸教員いじめの基本的な概要

神戸教員いじめが大きく報じられ始めたのは2019年10月8日頃。テレビ各局で神戸教員いじめの動画が流されて大きく話題になりました。加害者・被害者共に顔合画像にはモザイクがかけられて報道をされていました。

動画の内容としては辛いものが苦手な被害男性を羽交い締めにし、無理やり激辛カレーを食べさせたというもの。激辛カレー動画は最近のものではなく、2018年9月の放課後。小学校の家庭調理室で起きたもの。神戸教員いじめの現場となったのは神戸市東須磨小学校。

神戸教員いじめが大きく報じられたのは加害者4人が教師で被害者も教師という、教師間いじめという希少さ(少なくとも報道されるのは珍しい)。そして何より言い逃れの出来ない動画、画像が多数存在していたためです。

前述の動画はもちろん、加害者教師が被害者教師の購入した新車の屋根に土足で上がっている写真も存在。

ここまででしたら神戸教員いじめはそこまで大きく取り上げられずに忘れられたのかもしれません。しかし神戸教員いじめが今もなお炎上しているのは神戸教員加害者4人が完全に雲隠れをしているためです。  

 

神戸方式の人事が神戸教師いじめの原因になっていた

女帝・長谷川雅代を神戸市立東須磨小学校に読んだのは前任の校長である芝本力。実は神戸には「神戸方式」という特殊な人事があります。これは通常は市の教育委員会が人事を決定するものの、校長同士が相談してお気に入りの先生を引き入れ、それを教育委員会に承認を求めると行った特殊な形。

そのような経緯で長谷川雅代は神戸市立東須磨小学校に来たため、当時の校長である芝本力のお気に入りという事で発言力が高かったということになります。

しかしこの神戸方式は2019年10月11日にこのルールを廃止することを決定。ただし2021年春からとのことで、既に決まっており急には廃止できないのではとの事情も囁かれてしまっています。

被害者教師の病状がヤバイ

被害者教師は2017年に東須磨小学校に赴任。しかし以下のような症状に…。

2018年春いじめが開始
2019年4月嘔吐や睡眠障害。呼吸困難、動悸、チックの症状が強くなる
2019年9月2日~出勤不可能に。週一回心療内科に通い心理カウンセラーが治療開始

前任校長の芝本力が長谷川雅代を引き入れた

(参照:ツイッター)

芝本力の現在判明している経歴は以下の通り。

2016年4月東須磨小学校の教頭
2018年4月教頭から校長へ
2019年4月別の小学校の校長へ

芝本力はテレビのインタビューに答え、被害教員へのパワハラを認めています。しかし現在はインタビュー動画は削除済み芝本力のエピソードなどについてまとめると以下の通り。

  • 校長の勤務室での勤務が多い。
  • いじめやいじりの現場は見たことがなかった。
  • 教頭であった時に被害教員を無理やり飲み会に行かせた。
  • 「顔に泥を塗るのか」などと発言したのは事実。
  • 本人にとってプラスになると思って声をかけた。
  • 教頭時代のパワハラなどは「指導した」と主張。
  • 2018年末に被害者教師から激辛カレー事件を報告されるも「お世話になってるやろ」と取り合わず。
  • 2019年2月に被害教員同僚が「からかいが度を過ぎている」と芝本力に訴えるも内容を確認しなかった。
  • 2019年4月に他の小学校へ異動も教育委員会にパワハラを報告せず。
  • 後任校長である、教頭であった仁王美貴校長への引き継ぎもせず。
  • 問題発覚以降は体調不良として出勤していない。
  • 2019年10月18日には「12月末まで療養加療が必要」と発表。 

2019年11月1日追記

芝本力は2019年11月1日に神戸市教育委員会により市教委付に異動したことが文春により報じられました。文春によると、神戸教師いじめには芝本力の責任も大きいと見られており本格的に調査される見込み。

芝本力はかつて神戸市北区の小学校で、カレー動画で被害者を羽交い締めにした蔀俊とも同僚として勤務。その時に蔀俊は男児の鳩尾を殴る体罰をしたとして殴られた親が教育委員会に体罰のことを記入して提出。

芝本力はその時教頭になりたてだったためか仲裁。そのように校長と教師として関係が近いために監督責任などがあるのではとの見方が強いようです。

追記おわり

 

女帝の名前は長谷川雅代だとすぐさま根拠付きで特定された

神戸教員いじめ加害者4人の中心人物であるとされているのは女帝。女帝の名前は長谷川雅代でまず間違いがないとされています。その根拠は上記週刊女性PRIMEの画像がその大きな理由の一つ。

この画像はご丁寧にも「前任学校のホームページより」と書かれていて暗に特定して下さいと言っているような画像でした。そして前任学校、神戸市のとある小学校のホームページには現在も削除されずに画像が残っています。その小学校のホームページによるとこの画像は「長谷川先生」と表現。

そして2017年4月3日に長谷川雅代が神戸市東須磨小学校に異動をすると書かれていました。そのため神戸教員いじめ4人のリーダー格、女帝はであると名前がほぼ確定。神戸教員いじめ加害者4人で女帝以外の他の3人も顔画像つきで名前が拡散されています。 

 

長谷川雅代の経歴や顔画像などまとめ

(出典:前任小学校HPより)

名前長谷川雅代(はせがわ まさよ)
年齢40代
出身神戸

長谷川雅代の顔画像については前述のように週刊女性PRIMEの画像と一致をしているためまず間違いがありません。長谷川雅代の経歴については主に以下の通りとなります。

  • 地元の小中学校卒業。
  • 家族構成は兄姉がいる4人きょうだい末っ子。
  • 家族全員が教師など教育関係。
  • 父親も教育関係で祖父は有名人。まさに教育者一家。
  • 性格はお転婆で独身。
  • 過去に兄一家と同居をするも義姉と反りが合わず一人暮らし。
  • 母親が住む実家に食事を届ける事も。
  • 長谷川雅代の母親は息子二人の話はするも長谷川雅代の話はあまりしない。
  • 2017年4月に前任小学校から神戸市立東須磨小学校へ異動。
  • 前の前の藤原校長に「神戸方式」で神戸市立東須磨小学校に赴任。
  • 前任校長・芝本力のお気に入りで「神戸方式」でやってきた。
  • 現在の校長より長く学校にいるため発言力が強い。
  • 日頃から「犬」よばわり。
  • 被害教師の家庭について「お前の家は母子家庭でややこしい」
  • 「親父は他に家庭あるらしいな、ろくでもない父親」と中傷。

また、2019年10月23日の文春オンラインによると当初は被害者も長谷川雅代を信頼し行動を共にしていました。やがて信頼の結果長谷川雅代に被害者は自分の交際相手のことを「内緒にして欲しい」としつつも語ったとのこと。

これ以降長谷川雅代は被害者教師への態度が豹変。やがて被害者教師の交際相手にもいじめの矛先が向かったともされています。

2019年10月25日のデイリー新潮によると芝本力前校長の大のお気に入り。集合写真を取るときは毎回横にいるなどとても仲が良かったように見えたとのこと。

 

柴田祐介の顔画像や経歴まとめ

出典:ツイッター

名前柴田祐介(しばた ゆうすけ)
年齢30代

柴田祐介の経歴については以下の通り。

  • 以前は別の小学校で教師をしており2015年に赴任。
  • 上記画像は前任の小学校での画像
  • 生徒や親からはリーダーシップがあるとされていた。
  • 6年生の担任をしていた。
  • 週刊女性PRIMEでのモザイク画像とSNSでのモザイク無し画像が一致し確定
  • 子供をいじるタイプ。
  • 背中をひじでおす、足を思い切り踏む。
  • 指導案に落書きを刷る。
  • 「お前見てたらイライラする」
  • 「いじってんねんから感謝しろ」
  • 被害教師の交際女性について「軽い女やから」などと中傷。

   

蔀俊(しとみたかし)経歴まとめ

 

出典:ツイッター

名前蔀俊(しとみ たかし)
年齢30代

蔀俊の経歴、エピソードなどについては以下の通り。

  • 兵庫県内の中高一貫校に進学。
  • 身体能力、運動神経が良くサッカー部所属。
  • 車の上に乗っている人物。2018年12月に家に迎えに越させた時の写真。
  • 2015年赴任
  • 身長は約180cm
  • イケメンで女性生徒から人気があった。
  • 経歴が一致するmixiアカウントが存在。
  • 経歴が一致するFacebookアカウントが存在。ただし(Syun Shitomiと表記。本名がしゅんなのか、あだ名なのかは不明)
  • Facebookアカウントの友達にHasegawa Masayoが存在。
  • 神戸教師いじめ発覚前、2019年9月21日に「指導してやった後輩が最近休んでいる」などとFacebookアカウントでコメントをしている。 
  • 週刊女性PRIMEのモザイクあり画像とSNSで拡散しているモザイクなし画像が一致し確定。
  • 高校時代からいじめをしていたと同級生が激白。
  • 割と粗暴なタイプ
  • 掲示板の我望を高校時代に同級生にぶつけていたことも。
  • プロレス技を同級生にかけていた。
  • 高校時代は先生には歯向かわないで可愛がられる。
  • しかし目が届かないところでは大人しい反撃しない人物を狙う。
  • 高校時代は同級生に汚い言葉を言わせ、他の人にも強要。
  • 自分よりも偏差値が低い大学に推薦入試で合格した同級生に「負け組がやってきた」と言う
  • 卒業文集に「ワンフォアオール」
  • 「ここまで被害教員を大切に育ててきた~」と謝罪文をした人物
  • 激辛カレー動画で羽交い締めにしていた人物
  • 被害者弁護士の調査によると主導をしていたとの見方も。
  • 3年前に家を建てて家族構成は妻に子供2人。
  • いじめ指導の担当。
  • 瓶を口に突っ込んで飲ませて瓶で頭を叩く。
  • 酒を無理やり飲ませて飲めなくなると「雑魚いな」と言って平手打ち。
  • 被害教員がトイレで嘔吐して痙攣してる時に大笑い。
  • 「太れ」と言って大量のお菓子を突っ込む。

   

佐志田英和の顔画像や経歴、エピソードまとめ

出典:ツイッター

名前佐志田英和(さしだ ひでかず)
年齢30代

佐志田英和の経歴については以下の通り。東須磨小学校では一番の新顔。そのため行動がそこまで目立っていない。

  • 2018年春に東須磨小学校に。
  • 元気に楽しくがモットー。
  • 生徒には評判が良かった
  • 20歳を過ぎた生徒と出会って一緒に楽しくお酒が飲みたいと過去にコメント。
  • 子供が3人。小4男子、小2女子、一番下は保育園(一番下の情報は今までほぼ出ていなかった)。
  • 嫁も学校の先生。
  • 後ろから強く殴る。
  • 単独でのいじめは若干少ない。
  • 「ゴミ口」などと呼ぶ。

   

仁王美貴(現在の校長)はどちらかというと被害者?経歴などまとめ

 

出典:ツイッター

名前仁王美貴(におう みき)
年齢55歳(2019年10月時点)

東須磨小学校の現在の校長である仁王美貴の経歴、エピソードについては以下の通り。

  • 2015年に別の小学校で教頭に。
  • 2018年に教頭として更に別の小学校へ。
  • 2019年から東須磨小学校で教頭から校長に。
  • 2019年6月に仁王美貴は加害教師に指導。
  • 間違ったことは許せない性格。
  • 一方で事なかれ主義との批判も。
  • 2019年6月に教職員課が訪問した時に教師いじめの実態を把握しながらも報告しなかったと批判された。
  • 仁王美貴校長は「気になっているという話はした」「教員の名前も挙げて伝えた」と否定。
  • ただし仁王美貴が指導したということに留め、詳細は伝えていなかった。
  • 被害教員が学校に来られなくなったのは自分の責任だと会見で謝罪。

   

校長に同僚が報告した後の反応がヤバイ

被害者である先生へのいじめを見かねた同僚が現在の校長に2019年7月に直訴。そしてその結果加害教師らに指導をするも反省の色がなかったようで…。

  • 「クソやな」「●●先輩(被害者のことを皮肉り)には偉大な仁王校長がいるからな」
  • 「ママによしよししてもらえ」
  • 「謝るんやったら土下座でもなんでもしてやるわ」
  • 「話しかけるとパワハラになっちゃうから」と皮肉って話しかけず。

加害者に幻の5人目が居た説の真実

今回の神戸教員いじめで5人目が居たと大きく話題になったのは「激辛カレー動画」での事。カレーを食べる動画に加害者4人とは別の人物が写っていたことから、5人目が居たのではと話題に。

このことは実際に市の教育委員が加害者と認定していない人物が含まれていると認定。しかし実はこの幻の5人目の真実については以下のように語られています。

「加害教師が5人いたという事ではないんです。実は5人目と言われているのは被害者のうち一人。無理やり自分たちも加担するように言われて従うしかなかったんです」(内情に詳しい関係者) 

 

神戸教員いじめの具体的なパワハラ、不祥事まとめ

神戸教員いじめの具体的なパワハラ、不祥事は認定されているもの、されていないものを含めると本当に多岐にわたります。被害の大きかった教員によると2018年春から神戸教員いじめが開始。現在のところ被害男性が語っている、表に出ているのは主に以下の通りです。

  • 羽交い締めにされ激辛カレーを食べさせられる。
  • 「激辛試食会」として何度も開催。
  • 世界一辛い唐辛子いり激辛ラーメンも無理やり食べさせられた。
  • 従わないとトークアプリのグループから外され、業務に支障をきたす。
  • 他の教師も被害にあっていた。
  • ドレッシグやキムチ鍋のもとも飲まされる。
  • 熱湯の入ったやかんを顔につけられる。
  • 首などを締められる。
  • 「クズがしゃべるな」など暴言は日常茶飯事。
  • 「お前みたいなやついじってんねんから感謝しろ」と言われる
  • 購入直後の新車にトマトジュースをかけられ灰皿の水をまき散らかされ汚される。
  • かばんの中に氷を入れられる(数十回)。
  • 「教室が汚れる」と授業の見学を拒否。
  • 日常的に平手打ちをされる。
  • 嫌だと言っても関節技をかけるのをやめない。
  • コピー用紙の芯で痣が出るまでお尻を叩かれる。
  • 焼肉のタレを大量に飲まされる。
  • ビール瓶を口に入れられ無理やり飲まされる。
  • その後瓶で殴られる。
  • プリントに水をたらされる。
  • 指導案に落書きされる。
  • お土産を買ってくるのが礼儀と言われ買ってくるも目の前で捨てられる。
  • 仕事が終わる前に無理やり車で送らせる。
  • 日常的に「犬」など否定する呼び方で呼ばれる。
  • 仕事の質問をしても「喋るな」と聞く耳を持たない。
  • 受け持っている子供に被害教員の悪口を言う。
  • 児童に「学校をめちゃめちゃにしたれ」「(被害者教師の)言うこときかんでいい」「男子全員ではめて居場所をなくせ」などとけしかける。
  • 「被害者教師はセミを食べるねんで」と児童に言う。

これが少なくとも被害教員が受けたと語っている神戸教員いじめ。あくまでも警察に被害届を出した内容です。もちろん他にも数多くあるわけで…。 

 

その後発覚した神戸教員いじめ4人のパワハラ行為などまとめ

そしてその後様々なルートから神戸教員いじめ加害者4人の悪行が発覚しています。

  • LINE女性教員にわいせつなメッセージの送信を強要。
  • 「太れ」と大量の菓子を無理やり食べさせられる。
  • 「痩せろ」と命令し毎日体重計に乗った画像の送信を義務付ける。
  • 携帯電話に勝手にロックをかけて使用不可能にする。
  • 背中を肘でグリグリと押す。
  • 輪ゴムを顔に当てられる。
  • 髪の毛や衣服にボンド、洗濯のりをかける。
  • 被害教員の男女にセクハラ行為をさせる。
  • 新車のドアを足で締める。
  • 女性教員にひどいあだ名をつけ、体のサイズやプライベートを執拗に聞く。
  • 頭が揺れるほど叩かれる。
  • しゃがんでいる時に足でお尻を持ち上げるような形で接触。
  • 運動会で協議中に引きずられて怪我。

神戸市東須磨小学校で起きた神戸教員いじめ。加害者4人の行動は本当にひどいのですが、実は長谷川雅代は子供にも暴力行為を…。 

 

長谷川雅代の子供への暴力行為

長谷川雅代が子供へも暴力行為をしていたと発覚したのは2019年10月11日の神戸新聞にて。神戸新聞によると、女性教員から暴行を受けたと男子児童と保護者が暴露。長谷川雅代の暴力行為は以下の通り。

  • 当時3年生だった2017年度に3学期に教科書を忘れた。
  • 長谷川雅代は立腹し、男子児童の椅子を突然引く。
  • 転倒し頭をぶつけた男子児童の胸ぐらをつかんで立たせた。
  • いすを引いたことは事実だと認めた。
  • 他の児童にも胸ぐらを掴んでいた。
  • 暴言を浴びせている場面も目撃。
  • テスト中に答案用紙を破り捨てた場面を目撃。

他にも2016年には男性教師が体育の授業中に男児の手を引いて転倒。男児は右腕骨折をし全治2ヶ月の怪我を負ったとのこと。神戸教員いじめだけではなくこちらも大きく問題になりそうです。このあたりのことについてはまだ深堀りされていませんが…。 

 

神戸教員いじめ加害者4人の謝罪文全文公開

神戸市東須磨小学校の神戸教員いじめ加害者4人が初めて公にアクションをしたのが2019年10月16日に行われた「非公開」の保護者説明会。何人かレコーダーを持ち込んでいたようで音声の一部が流れています。そして神戸新聞による加害者4人の謝罪文は以下の通り。

【30代男性教員A】=蔀俊の可能性大
ここまで被害教員を大切に育ててこられたご家族の皆さま、このたびはこのようなあってはならない事態を引き起こしてしまい、大変申し訳ありません。ご家族の皆さまには直接お会いして、謝罪の辞を述べさせていただきたいと思います。

東須磨小の保護者の皆さま、そして子どもたちに、おわびをしなければいけません。いけないことを教える立場の私が、加害者となり、混乱と不安を与えてしまうことになってしまいました。信頼を裏切ることになってしまったことを、深くおわびしたいと思います。本当に申し訳ありませんでした。

【30代男性教員B】
自分自身の相手への配慮に欠ける言動や、軽はずみな言動に、最低な人間だと実感しました。一社会人として、人間として、恥ずべきことと考えています。もし、許されるのであれば、被害教員やご家族に直接、誠心誠意、謝罪したいと思います。

東須磨小の児童、保護者の皆さん、自分の身勝手な言動で、たくさんの迷惑をおかけしました。この事案を機に自分の在り方をしっかりと見直し、自分の言動に対して猛省を続けたいと思います。本当に申し訳ありませんでした。

【30代男性教員C】
相手のことを思いやらずに、自分勝手な行動で相手を傷つけたことを反省しています。被害教員をはじめ、私の行動で嫌な思いを先生方にさせてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

東須磨小の子どもたちや保護者の皆さんには、申し訳ない気持ちです。私の犯した行為は、許されることではありません。東須磨小の子どもたちは、素直な明るい子どもたちなので、そこを伸ばしてほしいと願っています。ただ、私の行為はその成長の邪魔をしてしまったと思っています。

【40代女性教員】
子どもたちに対しては、こんな形になって申し訳ないです。子どもたちを精いっぱい愛してきたつもりですが、他の職員を傷つけることになり、子どもたちの前に出られなくなり、申し訳ありません。私の行動で、迷惑をかけてしまったことに対して、本当に申し訳ないと思っています。

被害教員に対しては、ただ申し訳ないというしかありません。被害教員のご家族に画像を見せられ、入院までしている事実と、苦しんでいる事実を知りました。本当にそれまでは、被害教員には自分の思いがあって接していたつもりです。自分の行動が間違っていることに気付かず、彼が苦しんでいる姿を見ることは、かわいがってきただけに本当につらいです。どうなっているのかと、ずっと思っています。

引用:神戸新聞

一応のところ、長谷川雅代含む4人が謝罪文を公表。しかしこの謝罪文は当然のように炎上をしてしまいます。 

 

謝罪文全文が炎上した理由

まず謝罪文全文が炎上した理由は大きく分けて2つ。神戸教員いじめでの謝罪なのですが実は加害者本人が読んでいるわけではありません。あくまでも代読。保護者会ではやはり本人が出てこずに代読をしたことで炎上。

そして謝罪文公開の炎上のもう一つの理由が内容。謝罪文が謝罪文に全くなっていません。そのためせめてこうして欲しい、と謝罪文を添削する赤ペン先生が多数出現。

特に女帝である長谷川雅代の謝罪文は酷い。既に指摘をされていますが「かわいがってきただけ」という表現は何故そのような表現をしてしまったのか。そして最後の「どうなっているのかと、ずっと思っています」というのもまるで自分が被害者かのような表現で違和感しかありません。 

 

神戸教員いじめ4人への学校の対応にも非難

神戸教員いじめ加害者4人は現在表に一切出てきていません。実は神戸教員いじめ亜会社4人は現在も絶賛有給中。謹慎ですら有りません。その理由は自宅謹慎の制度がないため。

そのため加害者4人が自宅に居るとの対応として「有給消化中」ということに。そして現在も加害者が姿を出ないことについて保護者説明会では「自宅療養中」と説明がありました。

加害者4人は有給であるため、ボーナスや退職金も出るのでは、という指摘に対し神戸市の教育長は「懲戒処分を厳しく行っていくことが求められている」としています。現行制度では処分を受けなければ手当、ボーナスは満額支給。これで何らかの処分を受けなければ炎上は必至ですが…。 

神戸市長、憤る

加害教師が有給休暇であること(平均月給43万円)であることに神戸市長が会見で憤り。速やかに条例案を改正して給与の差し止めを2019年10月28日(月曜日)に市議会提出。成立すれば即日施行となります。

そして2019年10月29日の市議会で改正条例が可決。ただし恣意的な運用を防ぐためにも「必ず」本人に弁明の機会を与えるよう求めたとしています。

…これは未だ雲隠れしている人物らにとっては「絶対姿出せよ?」というように聞こえるのでしょうか。こうして神戸市教育委員会は給与差し止め手続きを取ることにするとのこと。

2019年11月1日追記

2019年10月31日の神戸市教育委員会が4人の給与の差し止めである「分限休職処分」について満場一致で決定。ただし弁護士や学識経験者による審査会は「処分するのは不相当」として反対をしていました。神戸市教育委員会は審査会の意見は聞き入れずに決定を断行したということになります。

2019年11月8日追記

誰かは不明ですが加害教員4人のうち一人(男性)が給与差し止め処分に不服。取り消しを求めて審査請求した事が明らかに。理由は「刑事事件で起訴された場合に限るという地方公務員法の委任範囲を超えている」という理由。

追記おわり

 

給食のカレー中止などトンチンカンな対応

今回の神戸市東須磨小学校での神戸教員いじめが大きくなったきっかけは何と言っても激辛カレーを無理やり食べさせる動画が爆発的に拡散されたため。しかし何故自ら証拠を残していくのか相変わらず理解ができない。…完全に麻痺して日常的なものだったんでしょうか。

そのように動画の現場が「家庭科室」動画に使われたのが「激辛カレー」。そのため神戸教員いじめに関連して子供の心のケア対応として営団を下しました。

それは神戸市東須磨小学校の校長による、2019年10月11日から「給食のカレー中止」。そして神戸市教育委員会の課長が「家庭科室の改修」をすると保護者会で説明。違う、そうじゃない。

家庭科室の改修については前述のように加害教員が有給であるため、加害教員の金銭的な負担があるのかという疑問。給食のカレー中止については、そもそも小学生の好きな給食ランキングで一位になることも珍しくないため、かえって子供に不便や我慢を強いているのではと大炎上。特にインドカレー屋などが大きく反応。

神戸教員いじめによる児童の心のケアとして「給食のカレー中止」はちょっとないなと。臭いものに蓋をするというか…。なんですかね、包丁で事件が起きたら包丁を規制しろ!と声高に叫ぶのと同じような印象を受けます。

実際のところ子供達にアンケートを取ってくれれば良い。本当にカレーがどうしてもダメになってしまった子もいるかもしれません。このあたりは外野にはわからないですから。ただ、2013年度に行われた好きな給食ランキングではカレーが堂々の一位だった実績があります。

目に見える対応をしなければならず、とりあえず仕事してます感を出すための「やっつけ対応策」という印象しか個人的には残らないんです。 

ちなみにその後、カレーやカレー粉を使ったメニューはチキンカレーは洋風煮込み、カレーうどんは煮込みうどんなどに変わったとのこと。 

カレー中止への批判でどや顔で煮物を作る宣言

散々批判されたカレー中止。カレー中止の理由については児童が精神的なショックを受けないためと理由が語られていましたがなんと今度は煮物を作るそうで。…うん、まぁ煮物は材料はそこまで変わらないよね…。

 

正門も改修

更には正門を改修。理由はメディアに正門が映って傷ついた児童がいるため。

被害教員の思いが痛切すぎた

神戸教員いじめの不祥事はいじめと言うには生ぬるいというか。なんですかね、パワハラが一番目立ってますけどセクハラ、アルハラも普通にありますよね。強要罪になりそうなものも普通にありますし。しかしそんな神戸教員いじめで一番の被害を受けていた教員は子供たちに以下のようにメッセージを残しています。

子供達へ

急に先生が変わってびっくりしたね。ごめんね。

私は3年連続して同じ子供達を担任してきた。初めは2年生から上がってきた小さい小さい子供達。それが最後は6年生に向かう大きくなった子供達。とても素直な児童で、行事にはまっすぐ一生懸命、学年の仲が良くみんな前向きな児童であった。「そんな子達が大好きですよ」学級通信を通じて子供のいいところを発信していたが、ほんとに毎日が成長であった。初めは小さな事で喧嘩もありながら、ちゃんと自分で反省し、仲間に優しくできる子達である。職員室が怖かった分、毎日子供といる時間が幸せでたまらなかった。「ずっとこの子達と一緒にいたい」そう思える子達だった。クラス全員で誕生日に手紙を本にしたプレゼントを用意してくれる温かい心も持っている。失敗しても「ドンマイ」と声をかけられる思いやりもある。どんな先生やお友達でも同じ目で、平等な目で見られる正義感のある子達である。運動場で「めんどくさい」とも言わず、クラス全員で遊ぶ無邪気な一面もある。これからもずっとずっと君たちの笑顔は先生の宝物であり、生きがいです。ありがとう。

そして、一つ、、、

先生はよく「いじめられたら誰かに相談しなさい」と言っていましたね。しかし、その先生が助けを求められずに、最後は体調まで崩してしまいました。「ごめんなさい」今の先生だからこそ、お願いです。辛い時、悲しい時自分一人で抱え込まずに、誰かに相談してください。必ず、誰かが手を差し伸べてくれます、助けてくれます。いつか、みんなの前でまた元気になった姿を必ず見せに行きます。その日を夢見て先生も頑張ります。 

保護者様へ

いつも温かく迎えてくださって感謝でいっぱいです。「3年目も先生で嬉しいよ」こんな声をかけてくださった方もいて僕の支えとなる言葉です。「先生痩せられたんじゃないですか?」と気にかけてくださる優しい保護者の方達に僕もたくさん支えてもらいました。僕が作った学級通信や子供への手紙を宝物だと言ってくださった経験が今の僕の宝物です。最後に、たくさんご心配やご迷惑をお掛けしてすみません。

出典:神戸新聞

なんというか加害教員4人の謝罪文と比べると(比べるのも失礼なレベルですが)物凄く大人なコメントですよね…。 加害教員4人の謝罪文は本当に短すぎるというか、なんというか具体的に何をしたかの謝罪がなく、自分たちの行動が日常的すぎて何をしたか忘れてるんじゃ、ってレベルでした。 

また、被害者教師をよく知る人によると2019年8月頃から特に精神状態が不安定となり、出勤時に毎朝吐いて、その後に泣きながら学校へ行くことが多かったとのこと

 

教諭いじめの影響で東須磨小学校、荒れる

2019年10月17日に開かれた市議会。なんと東須磨小学校では子供同士のいじめが急増していることが発覚。東須磨小学校での子供同士のいじめは2017年度は0件。2018年度は13件。2019年度は半年間で既に16件。

理由としては教師同士の関係が関係であったために子供に影響を及ぼしたのでは、と推測されています。そのためいじめ対策をすることが現在の急務であるという…。

実際に子供達に被害教師に対してそそのかしていた過去がありますから、その影響が出てきてしまったということなのでしょうか。 

 

自主退職は認めない

東須磨小学校の加害教師4人の自主退職を市教育委員会は認めないことを明らかに。理由は「自主退職で身分がなくなると処分が下せなくなる」ため。

処分されずに退職をした場合、退職金が支給、そのうえ神戸市以外の自治体で教員採用試験を受ける時に志願書に懲罰歴が載らないため。

更に2019年11月にはいじめの中心人物二人が懲戒会食。後の二人は停職処分で事実上の引退勧告であり教壇から加害教員4人が追放される可能性が高いとされています。

未だ止まぬ炎上

神戸教員いじめは未だ炎上が止みません。なんといっても加害教員4人が表に姿を見せていないため。謹慎処分ならいざしらず有給というのも拍車をかけています。神戸教員いじめの現在の反応についてみてみましょう。

  • 学校には不信感しかない。
  • 謝罪文は全然謝罪になってないよな。
  • クビにするのカレーじゃなくて教員でしょ?
  • 聖域であるとされる学校で自分たちは守られると思ってエスカレートしたんじゃない?
  • 加害者たちは今何思ってるんだろう。
  • 個人が悪いのはもちろんだけど隠蔽は組織の問題だよね。
  • 普通はコンプラ教育必須でしょ。子供を教えるのにこんなんじゃ安心できないよ。
  • 処分がまだされないのが意味わからない。
  • 加害者ばかり権利で守られるのは納得行かない。

個人的にこの神戸教員いじめで一番思ったことは、被害教員と加害教員の対応の差。被害教員は2018年4月頃からいじめをうけ、療養に至ったのが2019年9月。辛い中必死に堪えて1年以上学校に向かっていたわけです。しかし神戸教員いじめ加害者4人は2019年10月に大きく報じられると即雲隠れ。

被害教員はずっと耐えていたのに加害教員はいざ自分たちが攻撃される立場だと察すると学校にいかなくなってしまったわけです。その落差はなんだと。ここが個人的に一番納得いかないところ。加害教員は有給で「療養中」というのも、本当に療養中の被害教員をバカにしてるとしか思えない。 早く何らかの形で解決してくれると良いのですけれど。

2015年から東須磨小学校にいた蔀俊が車に乗るなど主導。柴田祐介も2015年からいたため行動が多め。長谷川雅代は被害教員と同じく2017年に赴任。佐志田英和は2018年と一番の新顔であり、現在発覚している行動もそこまで過激なのがない印象(あくまでも相対的な印象ですが)。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました