加害教員が審査請求!給与差し止め不服なのは蔀俊ではない説も

神戸教員

今も尚問題が解決していない、神戸市立東須磨小学校の教員いじめ。なんと加害教員が給与差し止めに不服であり審査請求をした事が明らかに。

具体的に誰が給与差し止めに不服なのかは不明ですが、給与差し止めに不服なのは男性教員1人であるということから、一部では蔀俊(しとみ しゅん)では無いのでは?という説も。今回は加害教員がなぜ給与差し止めに不服であり審査請求をしたかについてみてみましょう。 

 

加害教員の審査請求発覚の経緯

加害教員が給与差し止めが不服であると求めたのは2019年11月8日の事。加害教員4人は現在は2019年10月31日から給与差し止め処分。この事について加害教員は不服を申し立てており代理人弁護士を通じて「納得できない」としているとのこと。加害教員が納得をしていない理由については以下の通り。

  • 改正条例が「極めて抽象的な文言」。
  • 条例が有効だとしてもさかのぼって適用するのは違法。
  • 処分対象となる行為を知らされていない。
  • 弁明の機会が保証されていない。
  • 暴行や暴言の期間、頻度が異なる他の加害教員と処分が一律。

ある意味では納得の行く部分もありますが…。 個人的に「自分が関与した部分について懲戒処分をするというのなら止むを得ない」「今回の休職処分は全面的に納得できない」と語っているところがちょっと、ウーンとなりました。

いやそこはまず謝罪をして、「自分がしたことは許されないことで懲戒処分されるのは当然」「ただし今回の休職処分は不当だと考える」ぐらい言えよと。それならまだわかりますよ?でもやむを得ないって。そもそもの行動を全然反省してないじゃないか…と。

 

そもそもどのような経緯で加害教員の給与は差し止めになったか

まず神戸市立東須磨小学校での教師いじめが発覚してから加害教員4人は有給休暇で療養していました。この理由については自宅謹慎の制度がないため。

そのため事実上の自宅謹慎という意味で有給を取らせたと説明。しかし2019年10月16日の保護者説明会を含めて加害教員4人は一切表舞台に現れず。しかしこの有給について炎上に次ぐ炎上。給料が出るのか、それは税金なのかと怒りがヒートアップ。

神戸市が改正条例を公布、施行

加害教員が有給扱いになっていることが批判されて神戸市は「起訴の恐れがある職員の給与を差し止める改正条例」を制定する動きを見せました。その結果2019年10月30日に公布して施行。

今まで休職させられるのは「起訴された場合」「病気の場合」などでした。神戸市の改正条例では「重大な非違行為があり、起訴される恐れ」がある職員も求職とする文言の追加。この結果職員を休職させて給与を差し止める「分限処分」が出来るように。

そして2019年10月31日に神戸市立東須磨小学校の加害教員4人を早速「分限休職処分」として給与差し止めする事を臨時の教育委員会で決定。これはほぼ全会一致で条例案が可決成立。

ただしこの改正条例について、予め開かれていた法律関係者による職員分限懲戒審査会では「起訴される可能性が高いとまでは言えない」「現段階では4人とも確実に起訴されるとは言えない」として条例の適用は不相当と判断。

実際に神戸市の教育委員会でも「4人の非違行為に軽重がある」として一括処分には慎重な意見もあったものの最終的にはほぼ全会一致。

ただしこのような結論に至った理由は、「子供や保護者への影響が極めて甚大」であるとして熟議を重ねた上で結論をだしたとしています。 

 

悪しき前例になると一部では批判も

通常は休職期間中は給料の6割程度は支給されるものの、一切支給しないこともできるように改正。今回の神戸市立東須磨小学校の教員いじめの場合は加害教員4人の給与をすべて差し止め。

「職員分限懲戒審査会」では今回の神戸市立東須磨小学校の教員いじめでは適用されるべきではないと判断されていたものの、神戸市教育委員会が審査会の結論を無視して「民意を反映」するために改正条例の適用を決定。

審査会の結論を無視するのなら何のために開いたのか、民意を優先するというのは政治的判断ではないのかと批判をされています。もちろん神戸市立東須磨小学校の加害教員らの教員いじめは重大な出来事。

しかし世論の反応を重視するために恣意的な運用をするというのは、今後の改正条例の適用に不安が残ります。結論ありきで審査会は意味がないとするのは…。 

 

給与差し止めに不服で炎上

実際に議会の条例制定権については少し疑問はあります。実際に給与差し止めに不服だと言う権利はあります。ただし審査請求の権利があるのなら、逆に表舞台に出てきて弁明をしてほしいと思うのも当然です。

表舞台には出てこずに謝罪も謝罪になっていない謝罪文を代読させただけ。この状況で加害教員が審査請求の権利を行使するとますます厳しい目で診られてしまうだけです。

また、加害教員は「仮に条例が有効だとしてもさかのぼって適用するのは違法」としていますが、これは断じて違うと断言できます。今回の改正条例は「起訴される恐れがあると認められる職員」が対象。

つまり現時点で起訴をされていなくても、ここまで大きな問題になっており、実際に被害教員は被害届を出していてとりさげていないため、これから起訴される恐れがあるとは言えます。過去の非違行為が対象ではなく、起訴される恐れがあるために給与差し止め処分ということです。 

 

審査請求は蔀俊ではない説

今回の審査請求をしたのは加害教員4人のうち男性教師。そのため長谷川雅代は除外されます。残るのは蔀俊、佐志田英和、柴田祐介。

最初は女帝と言われている長谷川雅代が主犯と言われており、教員いじめのきっかけは確かに長谷川雅代の可能性が高い。しかし実際にカレー動画で羽交い締めにしたり車にのったりと、直接的に行動に移していたのは蔀俊。

今回の加害教員一人が処分を不服として審査請求をした理由について着目すべきなのは「暴行・暴言の期間や頻度が異なる他の加害教員と一律に行っている」というもの。

つまりは一番非違行為を行っている蔀俊では無いのではないか?と言われています。「俺よりあいつのほうがやってるのになんで処分一緒なんだよ!」みたいな感じですかね。 

 

加害教員の審査請求に関するネットの反応

加害教員の審査請求に関するネットの反応は以下の通りとなっています。

  • 審査請求の前に謝罪はしたの?自分の権利だけはどうしても守りたいの?
  • 置かれた立場分かってるのか?
  • 今の状態で加害者の身分保障ばかり叫ぶのは悪手だろ。
  • 動画という証拠があるのに起訴はされないんだ?
  • 文句や弁明があるなら表に出てきて言えばいいだろ。なんで自分は出てこずに権利を主張するんだよ。
  • 謝罪会見をするなりすればまだ同情されたかもしれない。でも表に出ず審査請求は悪い印象しかない。
  • 不服なら加害教員全員で顔を出して謝罪してから反論しろ!
  • こんな考えだからここまで大きな問題になってるんだな…。
  • 被害届出てるでしょ?示談で収まらないなら普通に起訴される虞あるじゃん。

個人的には神戸市立東須磨小学校の教員いじめで加害教員4人の給料を差し止めるだめに改正条例を公布、施行というのは心情的にはわかるんですし賛成なんです。

でもやはり社会としてはどうなんだろうという疑問があります。恣意的な運用をされると権力者の意のままになるので。そういった理由で給与差し止めの審査請求自体は問題ではないと思うんです。でもそれは表舞台に出て謝罪をしてからね?と。

■関連リンク:神戸教員いじめ「女帝長谷川雅代と舎弟男」顔画像名前鬼畜まとめ4人分

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました