高村正彦は息子(秘書)の正大に政治基盤を継いで引退か。ガンの過去も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

自民党の副総裁である高村正彦は
恒例を理由に次期衆院選に出馬をせず引退する意向であることを
安倍晋三首相に伝えて了承されました。

高村正彦は息子の正大さんに
支持基盤を引き継がせたい意向もあるとのこと。
今回はそんな高村正彦の息子、
正大さんについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■高村正彦の息子、正大さんについて

高村正彦の息子である正大さんは
1970年11月14日生まれであるため
2017年9月時点では46歳。

高村正彦が外務大臣であった2008年5月に
大臣秘書官に任命されています。

ちなみに日刊ゲンダイによると
高村正彦が経済企画庁長官長官時代の
1994年にも高村正彦は正大さんは
慶応大法学部在学中ながらも秘書官となっているとの事。

また、2008年2月24日の首相動静によると
当時の首相であった福田康夫が
東京、東新橋のホテルコンラッド東京にて
高村正彦の息子、正大さんの結婚披露宴に出席をしたとの事で
既に結婚はされています。

2017年5月15日には高村正彦は
山口市の「ホテルかめ福」で
開催された組合創立60周年記念式典に出席。
その時に高村正彦の代理秘書として
息子の正大さんも出席をしています。

こうみると高村正彦は正大さんに
支持基盤を引き継がせたいという思いは
前々からあったのかもしれません。
 

【スポンサーリンク】

 

■高村正彦の引退は息子に渡すの以外にも…

高村正彦は現在75歳と恒例。
そのため政界を引退するのは体力の限界だとしています。

実は高村正彦は2014年2月18日に
初期の前立腺ガンを治療するために入院。
放射線を排出するカプセルを入れる、
「小線源治療」を行っています。

高村正彦の前立腺ガンは
2013年末位受けた検査で見つかったものであり、
結果としてすぐに退院して公務に復帰をしています。

しかし2014年4月30日には
体調不良を訴えて都内の病院に入院。
貧血によるものですぐに退院をしています。
更に実は2017年8月に
ペルーを訪問した際にも一晩入院。

上記のように高村正彦は
体力の限界もあり息子に支持基盤を継がせたいという思いと
近年のガンなど病気での体調不良を鑑みて
引退を決めたということのようです。

■おわりに

高村正彦は引退をしますが
憲法改正については引退をしてもお手伝いをするとの事。

秘書としての経験もある息子の正大さんは
山口県や国のために頑張りたいとしており
今後の正大さんの動きが注目されます。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA