倉持麟太郎弁護士が山尾志桜里衆院議員の顧問に。好奇心に「屈しない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

週刊文春により不倫疑惑が報じられた
倉持麟太郎弁護士
山尾志桜里衆院議員。

2017年9月には民進党を離党、
週刊文春の第二弾により
ホテルの同室に入室する写真が掲載され

厳しい戦いになるかと思われましたが
2017年10月に行われた選挙では
無所属で出馬し愛知7区で当選。

そして2017年11月現在、
倉持麟太郎弁護士を
政策顧問とすることが発覚しました。

今回は倉持麟太郎弁護士との関係について
山尾志桜里衆院議員が語る
現在についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 


■倉持麟太郎弁護士が政治顧問に

倉持麟太郎弁護士が
山尾志桜里衆院議員の政治顧問として
就任することが発覚したのは
2017年11月7日。

理由としては山尾志桜里衆院議員と
倉持麟太郎弁護士は

テロ等準備罪、いわゆる共謀罪でのスタンスや
天皇陛下の皇位継承問題などに
共に取り組んできており

今までの政治課題や哲学、
価値観を共有しているため
倉持麟太郎弁護士のサポートを
引き受ける必要があると
山尾志桜里衆院議員は判断。

また、むき出しの好奇心に
屈しないとも語ってもいますが
この判断はなかなかに荒れそうな予感が。
 

【スポンサーリンク】

 


■2人の関係が文春などで…

そもそもの発端である倉持麟太郎弁護士と
山尾志桜里衆院議員の不倫疑惑を報じたのは
2017年9月7日発売の週刊文春。

2016年頃から関係がはじまり
倉持麟太郎弁護士が管理するマンションに
2人で時間差に入っていき
翌日に出てきた姿などが目撃をされており

山尾志桜里衆院議員が幹事長に内定した日に
とあるホテルの同一の部屋に
入っていく瞬間も写真を撮られています。

ただし二人は不倫疑惑について否定。
倉持麟太郎弁護士は
「ゴー宣道場」のブログで
山尾志桜里衆院議員をサポートしていて
自宅などで打ち合わせをする機会があり

結果的に誤解を生じさせたことを反省し
謝罪したいと思っていると語っていました。

■現在の考え

山尾志桜里衆院議員は
2017年9月7日に民進党を離党し
しばらくはブログの更新はなかったものの
2017年9月29日にブログの更新を再開。

2017年10月4日には
倉持麟太郎弁護士との関係に
やましいことはないが
民進党の足をひっぱりたくないとして
離党をしたと語っています。

そして2017年11月7日には
倉持麟太郎弁護士を政治顧問へ。

現在は政治家として「公の立場」で
制作や政治哲学などは
出来る限り素直に答えるものの

「私」の部分には一定のラインを
引くとしており
当時の記者会見などで
「男女の関係はない」と答えたものの

そうしたことを答える必要さえなかったと
今は思っていると語っています。

■おわりに

実際の所この問題は難しい。
しかしやましいことはないと
主張しているからこそ

逆に倉持麟太郎弁護士を
政治顧問にしたというわけなのでしょうが
周囲はそうは見てくれなさそうですが…。
 

【スポンサーリンク】

 






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA